17年と13年だけ大発生? 素数ゼミの秘密に迫る!

著者
吉村仁
出版社
ソフトバンククリエイティブ(サイエンス・アイ新書)

素数ゼミとは?

北アメリカで、17年や13年という素数周期で発生するセミ。

日本のアブラゼミも成長するのに7年かかるが、個々のセミは7年を土の中で過ごすものの、ある地域でみると、毎年発生する。

ところが、素数ゼミは17年に一度、あるいは15年に一度、というように長い間を置いて一斉に発生するのである。

なぜ、このように長い周期で発生するのか?

そして、なぜその周期は13、17といった素数なのか?

素数ゼミの秘密に迫るキーワード

2億年以上前に登場したセミの祖先が、そこいらで毎年見られるセミや、17年に一度しか見られないセミへと、進化したのはなぜか?  その理由を考えるためのキーワードが本書中に提示されている。

大学で生物学を学ぼうと考える高校生にとっては、教科書プラスアルファの知識を得るのに良いかもね。 大学生や社会人で「進化」について語りたい人にとっても、良い頭の体操だねぇ。 進化ってのは、「良くなること」ではないのだよ。 そして、進化の背後には、冷徹な自然の論理と、偶然の作用があるのだよ。

啓蒙書としての出来は……

仮説の提示と検証、遺伝の法則に基づく数理的な論考など、科学的に重要な考え方が提示されている、よく出来た啓蒙書である。

ただ、難をいえば文章がもう少しこなれているほうが良かったように思う。 カッコ書きで文章の流れが分断されていたり、読み返さないと文章の意味が判りにくいところがけっこうあった。 これは、著者の責任というより、編集者の責任だろう。

意外と面白かったのは、現地調査のために北アメリカの各地を旅しながらセミを探すくだりである。 出てくる年がわかっていて、集中的に発生するといっても、期間は限られるし、場所も限られるしで、簡単に多くの種類を採集できるというわけではないようだ。

シーソースイッチを使ってオスを集める「裏技」や、北アメリカと日本の「虫」の生態の違い(「北アメリカのセミの鳴き声が単調な理由」など)も、現地調査のたまものだろう。


*1 元祖【科学的逍遥】の「原始生命の避難所」参照
*2 元祖【科学的逍遥】の「暖かさの指数・寒さの指数の求め方」参照
*3 「究極の進化」の先にあるものは、環境の変化による絶滅である。

FrontPage   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2008-10-01 (水) 23:58:35 (4089d)