海街diary1 蝉時雨のやむ頃

著者
吉田秋生
出版社
小学館(フラワーコミックス)

注記:本書の表題の中の漢字「蝉」は、実際には「単」の上の部分が「ツ」ではなく「口口」となっている異体字が使われている。JIS2004対応のPCなら表示できるのかな? Unicode で入力すればどのブラウザでもイケルかな?  とりあえず今は実験していられないので*1思い付いたら対応してみよう。

ハードボイルドな少女マンガ

ワシはとくに少女マンガが好き、というわけではない。 どちらかと言うと苦手である。 とくに、登場人物が区別できないのと、背景が省略されてしまっているのがイヤだ。 小学生の頃*2、妹が読んでいるマンガを読んだときから、目の中の星とか無意味に(いや意味があるのかも知れないが)描かれる花とかに非常な違和感を覚えた。

ところがカミさんと結婚してから、少女マンガを読む機会が増えた。 カミさんが好きなマンガの登場人物の瞳には星がないのだ。

……というわけで、吉田秋生のマンガもいろいろ読んだ。 『BANANA FISH』とか『YASHA―夜叉―』とか……。

……しかし、『蝉時雨のやむ頃』はそうしたハードボイルドな少女マンガではない

舞台は鎌倉

鎌倉を舞台に描かれる三姉妹……じゃなくて四姉妹の物語である。 優しい人たちの話である。 人間の情けない部分も描かれる。 ま、そういうものだ。

ここでは、物語の筋書きについては一切書かない。

……ということで、舞台である鎌倉について。 じつは、ワシの生まれ故郷である。 ……といっても生まれ育ったのは7歳までで、その後中部地方や近畿地方を転々としたので、「故郷」としての郷愁は、それほど、ない。

中学3年のときに関東地方に戻って来て、以来、長い休みには祖父母の家に泊まってあちこち歩き回った。 高校生のときには、鎌倉を取り囲む山を縦走*3する、なんてことにも挑戦してみた。 そこでもちろん、『蝉時雨のやむ頃』の舞台となっている場所はすべて歩いている。

そうそう、鎌倉の路地ってめちゃめちゃ狭いんだよねぇ。 だから、消防車がジムニー*4だったりするのだ。

鎌倉の良い所は「狭い」ことかも知れない。 大仏の裏の山道を降りて行って街を抜けて由比ガ浜の海岸へ出たり、下駄を履いた足の裏に材木座の海岸の砂を付けたまま、妙本寺の裏から山へ登ったりできる。

大学生のころにはそうやって下駄履きで紅葉ヶ谷(もみじがやつ)から獅子舞を経て天園に出て、鎌倉アルプスを縦走して建長寺まで歩いてしまう、なんてことをやったりした。 そのときは同じ研究室でダイズをテーマに研究しているヤツと一緒だった。 健脚の友人を連れ歩くには、とても良いところである。 ……なんだか全然、マンガの話になっていなけど、まぁいいか。

(2007年5月20日読了)


*1 尻が痛いのだ。日誌/2007-05-23参照。
*2 もちろん、その頃読んでいたのは手塚治虫、石森章太郎、桑田二郎、赤塚不二夫、藤子不二雄……。それから、小沢さとる、横山光輝、水木しげる、……きりがないのでやめよう。さいとうたかをも少年マンガを描いてたねぇ(きりがないなぁ、ほんと)。
*3 標高100メートル程度の山十数キロを歩くことを縦走とは大げさな、と思うよね? でもいちおう、「鎌倉アルプスを縦走した」ことになるのだよ。
*4 スズキの軽四輪駆動車。名車である。最初に買った車がジムニーだったが、ベビーシートが後部座席に付けられないので買い換えた。

FrontPage   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2007-05-23 (水) 21:10:26 (4564d)