青い星まで飛んでいけ

著者
小川一水
出版社
早川書房(ハヤカワ文庫JA)

現在が舞台の、ほとんどSF色のない「グラスハートが割れないように」から、人類がほとんどすべて仮想空間で暮らす遠未来の冒険譚までを納めたSF短編集。

小川一水は名作SFを意識して、宇宙を舞台にしたSFを描いているようだ。そのことに気づいたのは、表題作に架空の科学技術用語「スターホルム・スケール」が出てきたときだ。 ということで、どんな名作SFを下敷きにしているか、ワシが気づいたものだけ挙げてみる。

都市彗星のサエ

太陽系内をめぐる彗星内に都市を築き、採鉱する人々。 現代人とそう変わらない普通の家庭生活と、生命を維持する機構やマスドライバーなどのガジェットとの落差が楽しい。 幸村誠の『プラネテス』の絵柄でアニメで見たいかも。 彗星内の坑道都市は、グレゴリー・ベンフォードの『木星プロジェクト』や『彗星の核へ』(デイビット・ブリンとの共著)を思わせる。

グラスハートが割れないように

「祈り」で育つ生物を扱っているが、ほとんど「非SF」小説。 祈ることそのものは否定しないが、祈る人につけこんだ商法(坂村健が解説で指摘しているように、「水からの伝言」が下敷きになっている)が何とも腹立たしい。

祈ることではなく、科学的に行動し、前進することで人々を幸福にすることが可能となるという結末が心地よい。主人公に言わせれば、こういうことだ。

おれは一足先に微笑み始めた。こういうことをやるのが、この世界ってものなのだ。

静寂が満ちていく潮

「永遠の生」を手に入れた人類は、何に生きがいを見つければ良いのか? ……ということで、異星の知性体とのファーストコンタクトを求め、コンタクトする話。 どことなくラリイ・ニーヴンの「退き潮」やベンフォードの『光の潮流』が思い起こされる。 バーチャルな性体験は、士郎正宗の『攻殻機動隊』にも描かれていたね。

占職術師の希望

望んだわけでもないのに得てしまった超能力に悩む主人公、という、超能力ものとしてはよくあるパターンだが、その能力が「目の前に居る人の天職が見える」という点が非常にユニーク。 中には、どういう天職なのか理解できない場合もある。

多分、その才能を必要とする職業がまだ地球上に存在しないのだと思う。電話が出現する前の、電話交換手のように。

守るべき肌

グレッグ・イーガンの『順列都市』のように、人類はコンピュータの中のシミュレーションとして生活している。 人類が「永遠」を生きる人々と、有限の生を生きる人々(物理人類)に分かれているという設定など、アーサー・C. クラークの『都市と星』を思わせる。 そしてもちろん、オーソン・スコット・カードの『エンダーのゲーム』。 戦闘機の搭載コンピュータに「乗った」少年(実年齢は1052歳)と物理人類の少女が、わずかな距離の真空(宇宙空間)を隔てて初めて見(まみ)えるシーンは、3DCGアニメーションにピッタリだ。

青い星まで飛んでいけ

「地球外生命を探し、接触せよ」という任務を与えられて宇宙を旅する人工知能の物語。 その行程で訪れた恒星の名が、ミシマ、ヌマヅ、ハラ、ヨシワラ、マリコ……って、静岡県東部の東海道の宿場じゃないか。

それはそれとして、遭遇した地球外知性(ETI)の工学的操作能力を元に知性を分類する物差しの名が「スターホルム・スケール」というくだりで、思わずニヤリとしてしまった。 スターホルムといえば、アーサー・C. クラークの『楽園の泉』のエピローグに登場するスターホルム人ではないか。 しかもスターホルム人は、クラークの初期のSF『幼年期の終わり』のオーバーロード(上帝)の再登場である。

……と思って読み進めたら、出てきたよ。オーバーロード。

かつてのホモ・サピエンスの倍ほどの背丈がある、黒い肌とねじれた角を持つ種族、オーバーロードの司令官が姿を現した。

『幼年期の終わり』のカレルレンの造形そのままじゃん。


FrontPage   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2011-04-10 (日) 23:11:25 (3086d)