生物から見た世界

著者
ユクスキュル/クリサート
翻訳者
日高敏隆・羽田節子
出版社
岩波書店(岩波文庫)

環世界とは

生物が生きている世界は、客観的(物理化学的)な環境ではなく、生物が主体的にとらえた「環世界(Umwelt)」である。

ダニにとっては、獲物の発する酪酸の臭い、哺乳類の毛、毛のない皮膚の温かさだけが、次世代を残す過程のおいて環境中の「意味のある刺激」である。 そしてまた、酪酸の臭いは枝で待機中のダニに「肢を離して落下する」という行動を起こさせ、哺乳類の毛は歩き回る行動を解発し、毛のない皮膚がその下に食い込むという行動に導く。

環境中の特定の刺激の知覚と、その刺激によって解発される行動が、その動物にとって意味のある世界、つまり環世界を作り出すのだ。

それぞれの世界

本/日経サイエンス/2006年10月号の記事「鳥たちが見る色あざやかな世界」は、次のような書き出しで始まっていた。

人間は,えてして自分たちの視覚システムが進化の頂点にあると思いがちだ。

ユクスキュルが1934年に原著を出版してから72年、さまざまな生物が世界をどのように見ているか(とらえているか)についての研究は、着実に進んでいるようだ。 センサーの進歩やコンピュータの登場により、ミクロな環境条件の測定や動物行動の統計解析が可能になっているからね。

しかし原点は、常に日常の観察にあるように思う。 本書でも、ローレンツやファーブルの観察記録への言及が何箇所か見られる。

目の前で行動する(あるいは微動だにしない)動物を見ながら、「コイツ、何を考えているのだろう」「コイツには、この世界はどのように見えているのだろう」と思うことが多々ある。

散歩をしているとき、こんが急に駆け出すのは、こんの環世界に、ワシの環世界にはない何かが「見えた」からなのだろう。 逆に、トカゲを見つけて茂みに突っ込んで行ったこんは、茂みのすぐ横にゆっくりと顔を出したトカゲに気付かなかったりする。 すばやく動かないトカゲは、こんの環世界においては存在しないものなのだろう。

生命の「目的」

われわれ人間は、ある目的から次の目的へと、苦労しながら自分の生活を進めていくことに慣れているので、ほかの動物も同じような生きかたをしていると信じて疑わない。これは基本的な思い違いであって、このために従来の研究が再三誤った方向に導かれたのであった。

(中略)

こういうわけで、環世界を観察する際、われわれは目的という幻想を捨てることがなにより大切である。(後略)

生物の行動や生態を記述するとき、人はつい「〜のため」と書いてしまう。 「鳥のオスは、メスの注意を引きつけて交尾するため、美しい声でさえずる」という具合である。 あるいは、「生存のため」「種の保存のため」といった、生物学的にはまったく無意味な決まり文句を使ってしまう。

生命に目的があるわけではない。

「いや生物はなぜ、生き続けたいと思い、命を(世代を)つなげていくのか?」 という問いは逆、というか問うこと自体が誤りで、40億年前から生まれ変わり、死に変わりしながら存在し続けた物質・エネルギーシステムを「生命」と呼ぶのが正しいのだそうだ(ドーキンス『利己的な遺伝子』による)。 「生物」の定義は、「存在し続けようとする存在」ということになるのだろう。

環境に適応できた生物だけが生き残れたわけだが、その生物自身は、客観的な環境そのものを認識してきたのではなく、主体的にとらえることのできる環世界に対応してきただけだ。 生物の進化につれて、その環世界も変化する。 方向性のない、無目的な変化すなわち進化こそが、この豊かな、多様性に満ちた地球環境を作り上げたとも言えるだろう*1

植物の環世界

本書の結びの前の章で、1本のカシワの木が、異なる動物にとって異なる環世界を形成することが述べられている。

木こりにとっての「材木のもと」としてのカシワの木、木のこぶを人の顔と見た少女にとっての「魔術的な(というか、ファンタジーの?)環世界」を形成するカシワの木。 キツネやフクロウにとって「保護のトーン」を持つカシワの木。 カシワの木を内側から食べるカミキリムシにとってのカシワの木……。

その居住者たちの何百という多種多様な環世界のすべてにおいて、カシワの木は客体として、ときにはこの部分でときにはあの部分で、きわめて変化に富んだ役割を果たしている。同じ部分があるときには大きく、またあるときには小さい。その剤はあるときは堅く、あるときはやわらかい。あるときには保護に役立ち、あるときには攻撃に役立つのである。

カシワの木が客体として示す相矛盾する特性を全部まとめようとするなら、そこからは混沌しか生まれてこないであろう。とはいえ、それらの特性はすべて、環世界というものを担い守っている一つの主体の部分部分にすぎない。これらの環世界の主体たちは、いずれもそれらの特性を認識することはないし、そもそも認識しえないのである。

ここで一つの考えが頭から離れなくなった。

動物行動学、動物心理学の立場から描かれる環世界は、当然、ある動物を主体とし、その動物から見た世界である。

では、植物から見た世界とは、どのようなものなのだろうか。 植物の環世界はどのようなものなのか、ということである。

中枢神経系を持つ動物がほぼ共通して持つ*2視覚・聴覚・嗅覚・味覚・触覚・運動覚*3・平衡覚などは、植物にはない。

しかし、植物も光を感じ、空気の振動や移動を感じ、重力を感じる。 接触を感じて成長の方向を変えたり、食植動物による組織の欠損を感じて毒性のある物質を生産したり、警告物質を大気中に放出したりする。

環境とかかわりながら進化してきた生物である以上、植物も環世界を持つはずである。 しかしその環世界を知るのは、なかなか難しそうである。 想像することはできるが、感覚的に理解するのは、とても難しいと思う*4

庭のウッドデッキに座って雑草のたくさん生えた芝生に足を投げ出し、風に揺れるカツラタラノキを見ながら、そんなことを考えた*5


*1 そしてもちろん、ヒトには見えていない(ヒトの環世界の外にある)環世界がいくつもいくつも広がっているはずである。
*2 もちろん一部を持たない動物もいる。たとえば、洞穴中の動物は視覚を持たない。
*3 筋肉運動に伴う感覚。
*4 その昔、「植物にも感情がある」とかいう話が流行ったことがある。怪しげな「研究者」がサボテンに電極を刺して電位を測定し、「このサボテンはあなたが嫌いです」などと言うのである。その「研究者」が、サボテンの環世界について理解していたとはとても思えないよねぇ。
*5 じっくり考えたわけではなく、切れ切れの思考である。のんびり座っているとこんが寄って来てワシの手に前脚をかけ、頭を掻けという。ヤブカが寄って来てワシの血液を吸おうとする。自分の庭なのに、他の生物の客体として忙しいのである。

FrontPage   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2009-07-21 (火) 22:36:31 (3715d)