正面を向いた鳥の絵が描けますか?

著者
山口真美
出版社
講談社(プラスアルファ新書)

絵を観るのは好きなのに、なぜうまく描けないのか?

……という疑問について、視覚の発達と脳の役割の関係から解説した本である。 「正面を向いた鳥の絵の描き方」の本ではない。 実際、本書の中に「正面を向いた鳥」の絵は出てこない。

その代わり、遠近法を使った錯覚、凹んだ顔面、「半側無視(はんそくむし)」などの視覚障害を負った人の描いた絵、果物でできた顔の絵、サッチャー錯視などの図版が掲載されている。

ヒトは「世界」を目で見ているのではなく、脳の中で「再構成している」ということがよく判る。

中でも面白かったのは、チェンジ・ブラインドネスの実験(41〜43ページ)と目が見えない人が描いた絵(157〜163ページ)であった。

チェンジ・ブラインドネスの実験

サクラの実験者が大学構内で、なにも知らない被験者をつかまえて道を尋ねる。しばらく道の説明を受けたところで、サクラと被験者の二人の間をぬうように大きな看板を持った作業員が通過する。サクラはこの看板に紛れて別の人に入れ替わるのだ。ところが当の被験者は、人が入れ替わったことにはまったく気づかず、道の説明を続けるのである。
チェンジ・ブラインドネスの実験でわかったことは、私たちは見たいところだけを見て、それ以外のことはまったく意識の外にあるということだ。

まったくビックリするような実験だが、クローズアップ・マジックなどは、このようなヒトの知覚を利用しているに違いない。 事件の「目撃者の証言はアテにならない」というのも、ヒトの目や記憶がカメラやビデオテープと違うからである。

目が見えない人が描いた絵

三つの輪が、コップを表している。 コップを持ったときの、コップの口、中ほど、底の三箇所の感触を表すと、三つの輪になるのだ。

隣り合う三つの四角が立方体を表している。 立方体を「斜め上から見る」ということができないので、それぞれの面(四角)が独立していることを表すと、展開図のようになる。

世界を認識する方法も、世界を表現する方法も、いろいろあるようだ。 ただ、昼行性の動物であるヒト、視覚優勢の健常者は、視覚によって構成した世界に捉われてしまうのである。

自分の絵がヘタクソに見えるわけ

まず、4次元時空間内の物体*1を2次元平面に表すのは難しいのである。 4次元時空間内の物体を適切に捉え、それから逃げるなり捕まえるなりといった行動をとるように進化したヒトにとって、2次元平面上に描かれた「もの」は、なんかへんなものなのである。 そもそも、違和感を持って当然なのだ。

そこで、それなりに誤魔化したり、誇張したりすることによって、「すばらしい絵」に仕立てる必要がある。 つまりは、視覚を欺くテクニックが必要なわけだ。 そのテクニックの優れた人が、「絵のうまい人」となるわけだ。

真面目に絵を描こうとすると、違和感のある絵になってしまうのである。

そして、じっくり見れば見るほど、違和感が強くなる。 ヒトの視覚は「さっと見て特徴を捉える」ことに長けている。 じ〜っと見ていると部分部分の整合性が気になってくるのだろう。

そんなわけで、自分の描いた絵は、じっくり見直してはいけない。 もう、どんどん描き捨てたほうが絵はうまくなるのである*2

さて、本書はかように興味深い話題が満載だが、いまいちセンス・オブ・ワンダーが弱い気がする。 すでに『日経サイエンス』などで読んだ話が多いから、というより、文章の構成や文体のせいかも知れない*3。 文献から得たネタと、著者自らが行なった実験とでは、もっと「濃度」が違っても良いように思ったのだった。


*1 3次元空間内の、動きがある物体と言ったほうが解りやすいかもね。
*2 経験者談。ついでながら、どんどん描いていると、当然慣れもあってうまくなりようがあるのだが、描かないでいるとヘタになる。ワシも社会人になってからヘタになったなぁ。
*3 などと自分のことは棚に上げて、偉そうに書いてみた。ワシは商売のために文章を書いているわけではないので、無責任に書き散らせるのだ。

FrontPage   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2007-10-26 (金) 23:37:19 (4346d)