星を継ぐもの

著者
星野之宣
出版社
小学館(ビッグコミックス・スペシャル)

01

名作SFの漫画化

ジェイムズ・P・ホーガンのSF『星を継ぐもの』を、星野之宣が漫画化したものである。 星野之宣は以前、ホーガンの『未来の二つの顔』を漫画化したことがある。

『星を継ぐもの』は、月面で宇宙服を着た死体が発見されるところから物語が始まる。

その死体は、5万年前のものだとわかった。 「チャーリー」と名付けられた死体は、果たして人類(ホモ・サピエンス)なのか? 人類だとしたら、月面で何をしていたのか?

……という謎解きを軸に据えたSFミステリである。

冒頭、科学者のハントが国連宇宙軍のコールドウェルと出会うところで、おや、と思った。 星野之宣は、コールドウェルを女性に変えている。 しかも月面に向かう途中に、ニールス・スヴェレンセンと出会っているが、壮年ではなく老人である。

それに、ホーガンの原作では、スヴェレンセンやヴェリコフは『星を継ぐもの』ではなく、シリーズ3作目の『巨人たちの星』で登場する人物だ。 ふーむ、原作をちょっと翻案して、『星を継ぐもの』の謎解きと『巨人たちの星』の陰謀を同時進行させようとしているのだね。

まぁ、原作では、最初のほうで辻褄が合わないところを、後の作品で「後知恵」として誤魔化しているところがあるから、そのあたりをスッキリ見せるようにするのだろう。

……となると、2作目の『ガニメデの優しい巨人』の宇宙船シャピアロン号やガルース司令官やコンピュータのゾラックも、割と早いうちに登場するのかな。 どんなふうに描かれるのか、ちょっと楽しみである。

じつは、ガニメデに墜落している宇宙船はシャピアロン号と同型機のはずだから、シャピアロン号の勇姿は予想できるが……。

ハントとダンチェッカー

イギリスの不良中年、ヴィック・ハント博士と、気難しく頑固なダンチェッカー教授は、原作では最初のうち激しくぶつかるが、後に互いを認め合い、強力なコンビを組むようになる。 この漫画では、さほど激しいぶつかり合いも無く、早いうちに仲良くなってしまいそうだ。

もちろん、強力なコンビにはなるだろう。 そうでないと、その後に訪れる危機また危機を、知恵と機転と信頼で乗り切ることができないからねぇ。

さて、ハント博士は星野漫画によく登場するタイプのキャラクターとして描かれている。 リン・ガーランドとの仲はどうなるのだろうか。

ダンチェッカー教授は、原作ではもっと神経質なので痩せ型のイメージだったが、この漫画では宗像教授*1に似た大柄な体格である。 進んだ技術を持った異星人をもやり込めてしまうというシーンが原作にあった。 これもどんなふうに描かれるか、楽しみである。


*1 宗像教授伝奇考』および『宗像教授異考録』を参照のこと

FrontPage   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2011-09-19 (月) 23:54:59 (2922d)