世界反米ジョーク集

著者
早坂隆(はやさか たかし)
出版社
中央公論新社(中公新書ラクレ)

反米ジョーク≒半ブッシュ・ジョーク

世界の日本人ジョーク集』の著者による、アメリカ合衆国を風刺したジョーク集。

もちろん、ジョークであるから下ネタも載っているが、まぁ、それほどドギツイものはない。 そのあたりは著者のセンスが良いからだろう。

ブッシュ大統領とネオコンをからかったジョークが多いが、アメリカ人の国民性を皮肉ったり、揶揄したものもある。 9.11以後の行き過ぎた愛国主義やキリスト教原理主義的な傾向など、ニュースを見ていて気になることは、だいたいジョークになっている。

単独行動主義、予防的先制攻撃、石油利権、大量破壊兵器、人種問題、銃社会……。

自然発生的に成立した国家ではなく、移民による人工国家であるアメリカは、その求心力として自由主義と宗教(というか選民思想)を重んじた。 それが、自由を愛する明るい国民性と、他国を土足で踏みにじる傲慢さの両方を産んだのだろう。 ……ということが、的確にして簡潔な解説でまとめられている。

病めるアメリカ

さて、最後にワシがいちばん好きな「科学的」ジョークを引用しておこう(p160-161)。

●驚くべき調査結果

アメリカのあるシンクタンクが、健康についての驚くべき調査結果を発表し、国民の食生活の改善を促した。 それは、「パンは健康を害する食べ物である」というものだった。 その理由は以下のようなものだった。

  1. 癌を宣告された者の99%が、パンを日常的に食べていた
  2. 入院患者の約90%が、パンを食べた24時間以内に入院している
  3. 18世紀、人々は各家庭でパンを焼いて食べていたが、当時の平均寿命は50歳だった
  4. パンを日常的に食べている人の約半数は、寿命が平均以下である

最後の理屈は、セーガンの『人はなぜエセ科学に騙されるのか』に載っていた、アイゼンハワーの誤解と同じネタだね。 「科学的であるかのように装った非科学的な調査」には注意しようね。


FrontPage   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2007-05-02 (水) 22:07:33 (4523d)