「世界征服」は可能か?

著者
岡田斗司生
出版社
筑摩書房(ちくまプリマー新書)

みんなの世界征服

ワシは「世界征服」と聞くと、『マグマ大使』の敵役、異星人ゴアの台詞が頭に浮かぶ。

「私の名はゴア。地球を征服しに来た」

もっともゴアは、単なる異星人というより人類なんかより高級な種族のようだから、征服というより所有なんだよね。 惑星を買おうとしたらヒドイ星ばっかり売りつけられそうになったので、よさげな地球を分捕ろうと思ったらしい。

映画『007』のシリーズでは世界的な陰謀組織スペクターが、英国や日本やソ連のスパイによる妨害をものともせず、世界征服目指して努力していた。

『サイボーグ009』の黒い幽霊団(ブラックゴースト)は本当に世界を征服しようとしていたようで、恐ろしかった。 何しろ、武器商人が継続的に儲けられるように、戦争を続けられる世界にしようとしていたのだから。 ま、要するにみんなが「ふつうの国」になれば良いってことか?

それはともかく、ワシが子ども時代を卒業する頃から、世界征服はだんだんスケールが小さくなっていったようだ。 イトコが遊びに来たときに見た『仮面ライダー』だったか『超人バロム・ワン』だったか、出てきた怪人はこともあろうに幼稚園バスを襲っていた。 どうして幼稚園バスを襲うことが世界征服につながるのだろう、と思ったものだ。

まぁ、とにかく世界征服は日常茶飯事というか、マンガやTVドラマや映画の敵役が悪いことをする目的としてはごくありふれたものだった。 みんなにお馴染みの概念なのだった。

だが考えてみると、悪者たちは世界を征服してどうしようとしていたのだろう? 世界征服は目的ではなく、手段であるはずだ。 だが組織というものは、往々にして当初の目的を見失い、手段が目的と化す。

企業の目的は顧客へのより良いサービスの提供のはずだが、目的を見失うと利潤追求に走る。 宗教団体の目的は魂の救済のはずだが、目的を見失うと(見失うんじゃなくて目的を手段化しちゃうのかも知れないが)教団の存続や幹部の贅沢三昧に努力しちゃう。

マンガやテレビの悪役は、世界征服してどうしようというのか……というあたりの分析が、本書の最初の切り口である。

支配者の四つのタイプ

世界征服は次の四つに分類されるそうだ。

  1. 人類の絶滅
  2. お金が欲しい
  3. 支配されそうだから逆に支配する
  4. 悪を広める
  5. 目的が意味不明

……五つあるじゃん。

それはさておき、世界征服をたくらむ支配者(というか支配者になりたいヒトもしくは異星人もしくは魔物)は、次の四つのタイプがあるそうだ。

本書の第2章では、さまざまなマンガやテレビや映画の悪役が、どのタイプに当てはまるかが考察されている。 さて、あなたの好きな(?)あの悪役はどのタイプ?  そして、あなた自身はどのタイプ?

世界征服の手順と成果

いやぁ、やっぱりシンドイよね。 世界征服。

そう簡単に資金や優秀な人材を集め、警察や軍隊と戦い、世界を征服することなんて、できるはずもない。 しかも、もしも世界を征服できたとしても、部下の裏切りや後継者問題に悩まされる。

それに、いつまでも「征服者」のままでは世間から見れば「悪者」である。 そこで、自分が「悪者」でなくなるような手を打たなくてはならない。

そのため、さっさと今の教科書は改修して、新しい教科書を配りましょう。それまでの間違っていた自民党政権に替わって、「○○様の下に」というような形で教科書を書き直すわけです。

バカみたいに感じるかもしれませんが、案外効果が大きいです。

もちろん一年目ではダメです。誰でもウソだと知っているからです。けれど、十年、二十年、三十年とやっていると、意外なことに人民というのは真に受けてくれます。というより、自分の生活で手一杯だから、実は支配者なんて誰でもいいのかもしれません。

教科書の改訂はお金がかからない割に、効果大ですから、ぜひやってください。(127ページ)

(2007年6月22日読了)


FrontPage   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2007-06-24 (日) 22:04:26 (4376d)