世界一くだらない法律集

著者
デヴィッド・クロンビー
翻訳者
生沢雄一
出版社
ブルース・インターアクションズ

『世界一くだらない法律集』というタイトルだが、正しくは「世界のくだらない法律集」というべきだろう。 「なんでこんなへんな法律があるんだ!」と思わず吹き出すような法律を集めた本である。

例えば、次のようなものだ。

【カナダ】[ノバスコシア州(州法)]
・雨が降っているときは芝生に水をやってはならない。

【アメリカ】[コネチカット州(州法)]
・弾まないピクルスは公的にはピクルスと認められない。

[インディアナ州(州法)]
・食べ物の缶詰のふたを銃で撃って開けてはならない。
[サウスベンド]
・猿は煙草を吸ってはいけない。

どういうわけか、動物がらみのへんな法律が多い*1

アラスカ州(州法)]
・飛行機からヘラジカを見下ろしてはいけない。
・飛んでいる飛行機からヘラジカを突き落としてはいけない。
[フェアバンクス]
・ヘラジカにアルコール飲料を与えてはならない。

……ヘラジカ(ムース)って、デカイよ。 トラックと衝突すると、ヘラジカと運転手の両方が命を落とすと聞いたよ。 あのデカいヘラジカを、どうやって飛行機に乗せて、突き落とすというのだろう?  こういう法律があるってことは、実際にやっちゃうヤツがいるのだろうね。

[マサチューセッツ州]
・どんな車であれ、ゴリラを後部座席に乗せてはならない。

……助手席なら良いのか?

[オクラホマ州]
・3頭以上の犬が私有地で集まるときは、市長がサインした許可証を持っていなければならない。

……公共の公園なら良いのか?

[ペンシルヴェニア州]
・馬が道で車とすれ違うのを嫌がったら、車の持ち主は車を分解し、部品をしげみの中に隠さなければならない。

……ワケが解りません。

[ワイオミング州]
・6月はウサギの写真を撮ってはいけない。

……原田純夫*2君に教えてあげなくちゃ。

次のような法律をみると、どの国でも似非科学や反科学には手を焼いているのかねぇ、と思う。 日本でもスピリチュアル禁止法とか作ればいいのに。

【アイルランド】
・なんらかの魔法、妖術、魔術を使える振りをしたり、練習したり、あるいはなんらかの超自然現象、神秘的な技術や科学に関して知識を持っている振りをした者は、その違法行為に対して1年の懲役刑に処せられるとともに、行為を改めることに務める義務を負う。

【オーストラリア】
・誰かにタロット占いをしたり、心霊占いをすることは魔法の一種なので違法。

法律のほか、法廷でのやり取りや、法律ジョークも収められている。 法廷でのやり取りには笑えるものが多かったが、「おいおい」という笑いである。

Q:戦死したのはあなたとご兄弟のどちらですか?

法律ジョークはイマイチ。 ありがちな弁護士ジョークなどであった。 アメリカなら受けるんだろうなぁ、と思ったけど、この本はイギリスのものだった。 イギリス人の弁護士観もアメリカと同様なのだろうか?


*1 下ネタに類する法律も多いが、それはさておき。
*2 モンタナ在住の動物写真家。http://www.photorocky.com/

FrontPage   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2007-08-20 (月) 21:46:34 (4380d)