世界は分けてもわからない

著者
福岡伸一
出版社
講談社(現代新書)

「分けてもわからない」とは?

科学的な実験を行うとき、対象の一部を切り取り、あるいは時間的変化を止めて、観察(観測・測定)する。

そうやって知り得た生命現象の断片(空間的・時間的断片)から、生命の本質を知ることができるのだろうか?

細分化し、捨象し、分析しても、解らないことがあるのではないか。

生物学にも、物理学における観測者問題と似たようなところがあるのだ。 観測するという行為そのものによって、対象の本来の性質が変わってしまうかも知れないのだ。

いや、そもそも、ヒトが認識している対象は、対象の本質のではないのではないか?  ヒトは、見たいものしか見えないのだから。

「視線」仮説

本書第1章で提唱されている「仮説」である。 人の「視線」を感じるのは、その人の眼底で反射した光が、自分の周辺視野に到達するからではないか? というものだ。 もちろん、思考実験の結果であって、実際に検証したわけではないそうだ。

……ということで、この「視線」仮説、面白いのだけれども、アマチュアのワシから見ても、いくつか「穴」がある。

まず、写真で「赤目」となることから類推されるように、眼底で反射した光は、赤外領域に近い赤色ではないか、ということから……。

すると、赤色光を感知する錐体細胞のない色弱者は、他人の視線を感じない、ということになるだろうか。 いや、この反論は間違っているなぁ。 錐体細胞は視野の中央にあるが、視線を感じるのは視野の周辺部だ。 ということは、錐体細胞ではなく桿体細胞でとらえる、ということになる。 桿体細胞は、色ではなく、明るさ(光の強弱)だけを感知するから、色弱であろうとなかろうと関係ない。

……というところから、桿体細胞のロドプシンの平均吸収スペクトルを調べてみたところ、500nmだった。 緑色だね。 ロドプシンは600nmの光は吸収しないようなので、赤色の光は、やはり感じないようだ。

じつは、もう一つ、個人的体験に基づく疑問もある。 生きた人間の目でなくても、「視線」を感じることがあるのだ。 ニホンザルの死体を発見したとき、まず「視線」に気付いたのだった。

……ということから、「視線」は「光線」ではなく、「コッチを向いている顔のようなもの」に対するパターン認識によるものではないか、と思うのだが、どうだろう。

第7章で、著者が「空目(そらめ)」と呼んでいるものである。 火星の地形や昆虫の模様、パンの焦げ目やケチャップのフタの裏、滝壺の岩肌からすら、ヒトの目は顔を見つけてしまうのだ。

動的平衡と関係性

生物体を構成する物質は、絶えず入れ替わっている。

細胞内で合成される物質と、分解される物質。 分裂して増殖する細胞と、自ら死んでいく細胞。 その危うい均衡が生命、つまり「生きていること」そのものである。

第5章では、「どこまでが鼻か」という問われる。 顔の中央に突出(フルヘッヘンド)している構造だけが「鼻」なのではなく、嗅覚神経を通じて脳へ、全身へと連なる機構が「鼻」だとすると、「鼻」だけを取り外す外科手術は不可能だ。

ここでも実在しているのは、たった一個の受精卵から出発した細胞の連続したバリエーションだけである。そしてその間には、絶え間のない、分子の交換、エネルギーの交換、そして情報の交換がある。つまりここで存在と呼べるものは、部品という物質そのものではなく、動的な平衡とその効果でしかない。

治すすべのない病

その他、マップラバーとマップヘイター、ソルビン酸と腸内細菌、コルティジャーネとラグーンのハンティング、マッハ・バンド、リン酸化カスケードとデータ捏造、等々、興味深いエピソードが積み重ねられる。

生命の本質を探ろうとする科学者も、より便利で健康な生活を目指す文明社会も、ヒトとしての生物学的限界から、誤りを犯す。 ヒトは星座や天空の城などの「理想像」を見てしまう「治すすべのない病(インクラビリ)」に冒されているのである。

そのことを知った上で、誤りを犯してはもがきつつ修正し、生きて行くしかないのだろう。


FrontPage   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2009-10-05 (月) 00:26:21 (3543d)