世界の紛争地ジョーク集

著者
早坂隆
出版社
中央公論新社(中公新書ラクレ)

独裁、圧政、貧困、紛争……の中の笑い

世界の日本人ジョーク集』の著者が、世界の紛争地域で集めてきたジョークの数々。 どんな苦しみや怒りの中でも、人は笑いをもってその状況をやり過ごそうとするのだろう。

その中から、科学的?なジョークを引用しておく。

◎アダムとイブ

問い:リトアニアの科学アカデミーはアダムとイブはロシア人であると結論づけた、なぜか?

答え:彼らは食べるものはリンゴのみで、衣服も一切持たず、しかも住処(すみか)であるエデンの園から自由に出ることを禁じられていた。なのに、彼らは自分たちが天国にいるのだと信じて疑わなかったから。

バルト三国の人々は、よほどソ連には嫌な思いをさせられてきたらしい。 地には平和を。圧力にはジョークを。

◎アルバニア軍 五

問い:二〇〇四年、アルバニア軍のコンピューター系統が一斉にダウン。どうして?

答え:二〇〇〇年問題。

西ヨーロッパではイタリア軍ジョーク、東ヨーロッパではアルバニア軍ジョークが多いそうだ。

(2007年5月21日読了)


FrontPage   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2007-05-24 (木) 21:13:54 (4504d)