推理小説

著者
秦建日子(はたたけひこ)
出版社
河出書房新社(河出文庫)

推理小説という名の推理小説

『推理小説』という名の推理小説の中で、実際の殺人事件と同じ筋書きの推理小説(そのタイトルも『推理小説』)が、犯人から出版社と警察に送りつけられる。 次の殺人を防ぎたければ、『推理小説』の続巻を買え、というのである。

なんだかメタ小説のようだが、そうではない。 (推理小説なのだから当たり前だが)ミステリーであり、エンターテインメントである。

アンフェアなのは誰か

TVドラマ「アンフェア」の原作本だということだが、ドラマとはだいぶ違うらしい。 ワシはドラマをほとんど見ていないので、カミさんの話ではそういうことだ。 主人公の刑事雪平夏見(ゆきひらなつみ)やその相棒の若い安藤といった登場人物が同じだが、設定も違うらしい。

ちなみに、TVドラマとこの小説とでは、「アンフェア」の意味も違うのではないだろうか。 小説の中では、『推理小説』の作者は読者に対してアンフェアであってはならない、と語られる。

こういったルールを守らない『推理小説』は、アンフェアな小説として顰蹙を買う、というのである。

ちなみに、SFミステリという『推理小説』の一分野を開拓したアイザック・アシモフも同様のことを述べていて、さらにSFであるがゆえに、さらにフェアであることが求められると言っている*1。 SF的な設定、現在においては未知の科学的事実や実現していない技術についても、あらかじめ読者に提示しておかなければ、フェアではない、というわけだ。

読後感

ミステリなので、結末や謎解きについては触れない。 人物造形にはけっこう無茶がある。

しかし、ほかの日本の『推理小説』にはない、独特の読後感があった。 こういう感じのミステリは、以前に読んだことがあるなぁ、とも思った。

そこで、しばらく考えて思い当たったのは、エド・マクベインの「87分署シリーズ」だった。 ……そう思った人はいないかなぁ?


*1 『SF九つの犯罪』(新潮文庫)、『アシモフのミステリ世界』(ハヤカワ文庫)など。

FrontPage   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2007-02-20 (火) 22:39:34 (4503d)