人類が消えた世界

原題
The World Without Us
著者
アラン・ワイズマン
翻訳者
鬼澤忍
出版社
早川書房(ハヤカワノンフィクション文庫)

もしも人類が消えうせたら……

大学生のころ、人類をすべて抹殺することがいちばんの自然保護になるのではないか、などと考えたことがある。

映画『007/ムーンレイカー』を見ていたら、ヒトだけに有効な自然毒素というのが出てきて、あぁ、こういうものが実際にあったら良いかも、と思ったりした。 『007/ムーンレイカー』は、自分と自分が認めたエリートだけを宇宙ステーションに避難させておいて、人類を滅亡させたあと、「クリーン」になった地球を支配するという悪い大富豪の陰謀の話であった(そしてもちろん 007 に阻止されるのだが)。

当時のワシがそういう毒を手に入れていたら、自分も滅ぼして完全に地球を「クリーン」にしていたかもしれない。

それはさておき、ヒトだけに有効な自然毒素を誰か(環境テロリストか異星人かわからないが)がばら撒いたり、より強力なエボラ出血熱のようなヒトに特異的なウイルスが発生したり、はたまたすべての人が行く末を(はかな)んで自死したり子供を産むのをやめたり、あるいは異星人に「全員」がさらわれたり、それとも「地球を守るため」全人類が宇宙に旅立ったりしたら……残された「人類の消えた地球(The World Without Us)」は、どうなるのだろうか?

本書は、原因が何であれ、人類が消え去った地球がその後どのように変わるかを考察した思考実験の「まとめ」である。

思考実験といっても、単に著者の考えたこと、思いついたことを述べたのではなく、丹念な取材とさまざまな分野の専門家(地下鉄の保守責任者やダムの管理者、フィールドワークで日焼けした科学者など)から得た知見に基づいたものである。

地球はどうなるか?

人類の文明、というか産業活動が地球環境に少なからず悪い影響を与えていることは、間違いない。 それを正そうという努力は続けられているが、産業革命以前の大気や海、緑の大地を取り戻すのは難しいだろう。

では、人類が消え去れば、人類以前の地球環境が取り戻せるのだろうか? 

人類の影響が消え去るまでに、どれくらいかかるのだろう?

本書の考察の結果は、「わりと短期間かも」ということのようだ。 少なくとも数百年で(もともと森だったところには)森が蘇るし、数万年のうちには氷河が人類文明の痕跡を押し潰し、磨り潰すだろう。 数万年なんて、地質学的には「短期間」である。

しかし、PCB やフロンや放射性物質など、どうしようもなく環境中に放出されたままの物質もあり、長く環境に影響を与え続けるだろう。

「人類が消え去った地球」を考えることは、地球環境に与える人類の影響を考える、よい訓練にもなるのだ。

まぁ、わかっていたけどね。

やっぱりなぁ、とか、思ったよりヒドイなぁ、と思えるような知見もあった。

プラスチックは、不滅だ。

ポリ袋をクラゲと間違えて飲み込んだウミガメが、腸を詰まらせて死んでしまうという話は聞いたことのある人が多いと思う。

ポリ袋を含めて、プラスチック製品はなかなか分解されない。 少なくとも、微生物にかもされて(『もやしもん』参照)腐って消えることはない。 光化学反応でボロボロになることはあるが、高分子ポリマーは容易に水と二酸化炭素まで分解されない。

生分解性プラスチックと言えども、ポリマーをデンプンでつないだようなものなので、デンプンが分解されてバラバラになっても、ポリマーは残る。

ポリ袋を食べたウミガメが腸を詰まらせて死ぬように、その微細なポリマーを食べたプランクトンが腸を詰まらせて死ぬ。 食物連鎖の底辺、というか基盤に近いところにいるプランクトンが大量に死ねば、食物連鎖は崩壊する。

人類が消え去っても、残された微細なプラスチックにより、見目麗しい生態系は壊滅されされるかも知れない。 粘土とプラスチックの泥と、そこに棲むバクテリアや菌類だけが繁栄する世界。

ダムは、ムダだ。

管理する人間が居なくなれば、ダムは機能しなくなる。 土砂がたまり、決壊し、元の木阿弥となる。

原発は、危険だ。

管理する人間が居なくなれば、原発(原子力発電所)は暴走する。 まぁ、暴走しなくても(「安全に」使っていても)、放射性廃棄物は作られ続けるわけだが。

氷河によって人類文明の痕跡が消えうせても、放射性廃棄物は残る。 放射性廃棄物があっても、生命は負けない。 チェルノブイリの大地に草木が繁り、鳥が戻って来て歌っているように。

しかし、漏れ続ける放射線の影響によって、その姿は変容するだろう。 それが進化というものだ。 どのように変容するかは、無責任にも、われわれは知り得ない。

仮想的な人類消滅のシナリオがなくても、いずれ人類は滅亡する。 その後も放射性廃棄物が放射線を発し続けることは、間違いない。

参考


FrontPage   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2009-10-31 (土) 00:13:23 (3611d)