人斬り龍馬

著者
石川雅之
出版社
リイド社

人斬り龍馬

「士道に背くゆえ」粛清されたはずの新選組の隊士は、じつは何者かに暗殺されていた。 その暗殺者は、じつは……。

背景まで精緻に描き込まれた殺陣には迫力があるが、みんな目が血走っていて怖い。 よく見たら、ジョークが一つもない。

ふぅん、石川雅之って、こういうマンガも描くのだねぇ。

二本松少年隊

会津藩の白虎隊よりも若い二本松藩の少年隊。その年齢、12歳から17歳。

「き……貴様ら……な……何故子供達を殺した……げ……外道め……」

「何故子供達を戦場に出した!」

「そなた長州か……萩が戦場になれば自ずと分かろう……」

つい最近まで、日本も内戦をやってたんだよねぇ。

とどかぬ刃

これも幕末異聞。 人斬(ひとき)五兵衛(ごへえ)の話。 次のモノローグから始まる。

初めて斬ったのは大阪の商人
何度も斬り しまいには胸に押し込んだので 刀が曲がってしまった
なかなか 抜けなかった 刀を抜き
これまた骨が邪魔で 斬れない首を 割るように斬り 加茂川の橋に晒した

この夏に近所の美術館で「虎鉄と清春」展をやっていたので見に行った。 日本刀を近くでじっくり見るのは初めてだった。 しかも虎鉄といえば近藤勇の愛刀で、美術品ではなく実用品である。 実用といえば、人を斬ることだ。

人を斬るのはなかなか技術のいることだったらしいが、それにしても、刀を人の身体に突き立てたり、切り刻んだりというのは、恐ろしいことである。

そういうものを振り回したりせずに対話のできる平和な世の中になってよかった、と思えないのが悲しいねぇ。 少なくとも核兵器は日本刀と違って、使わないときは鑑賞できる、というものではないしねぇ。

神の棲む山

カタリベ』と同じキャラクターが、「龍」として出てくる。 その龍(というか、バハン様というか)が言うには、

食いもしねェのに殺し合うなんざ人間位なモンだ

……この台詞(せりふ)、『カタリベ』の中でも同じことを言っていなかったっけ?


FrontPage   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2006-10-16 (月) 21:03:46 (4692d)