震災列島

著者
石黒耀
出版社
講談社(講談社文庫)

東海・東南海地震は予知できるか

死都日本』がストレートな災害小説だったのに対し、『震災列島』は犯罪小説でもある。

文庫版あとがきによれば、「予知が可能とされている東海地震を利用すれば完全犯罪が可能なのではないか、という甚だ漠然とした構想」がもとになっている。

結果的には完全犯罪というより「仇討ち」「復讐戦」であり、とてもカタルシスが得られるものではない。 まったく胸くそ悪いのである。 語り手である「ボーリング屋」(地質調査技師)とその親父が戦う相手である、ヤクザどもが。

世の中のヤクザの皆さん、知恵と技術を持った一般庶民を怒らせないほうが良いですよ。 妻子のためにもまっとうに働いたらどうですか。

この完全犯罪というか、仇討ちというか、それが成立するには東海・東南海地震が予知できることが前提であるが、現実には、予知できるとは言えないようだ。 そこで本書では、事前に白羽断層(御前崎)が動いて発生した直下型地震の予知に成功し、東海地震を予知する体制がより整備されたことになっている。 また、「私」もVAN法を含む多様な予知データを監視していた。

……う〜ん、ここがキモだけど、本当に予知できるかどうかという点になると、フィクションだからなぁ、どうだろう。 まぁ、ほかにも読んでいるとき、仇討ち用の武器の購入にインターネットを使ったりしたらヤバイのでは、と思ったりしたが、こちらは伏線だった。

浜岡原子力発電

本社や関連会社の重役室にふんぞりかえる天下り役人たちは、
「原発は二重三重の安全装置で守られているから、絶対大丈夫」
とうそぶいていたが、三、四号機の試運転にかかわった経験を持つ新美(引用者注:浜岡原子力発電所所長)は、そこまで楽天的になれなかったのである。

真理にのっとっていない活動ほど、嘘が多くなる。天下りに提供される関連会社の中には広報PR会社もあって、彼らは、「原発は断層の上には造らないから、心配ない(中略)」と巨費を投じて宣伝するのだが、その実、浜岡は、幅七十キロ、長さ百十五キロの巨大な地震断層面の真上にある。(中略)

会社の、そして何より国の方針だから、表立って異を唱える事はしないが、内心、日本にはもっと国情にあったエネルギー政策があってしかるべきだと、最近、新美は考えていた。

半年前に浜岡へ赴任して実情を知ると、その気持ちはさらに強くなり、今では信念に近くなっている。近頃では、本社の生え抜き幹部も、心の中では「浜岡に原発を造ったのは間違いだった」と考えているのではないかと、新美は確信するようになった。根拠は一、二号機の扱いである。(480-481ページ)

2004年に本書が書かれた後、2008年に浜岡原子力発電所一、二号機は廃炉が決定された。現実がフィクションを追いかけている。

2011年、東日本大震災が発生。福島第一発電所のメルトダウンの影響を受け、浜岡原子力発電所は停止が決定された。 だが、三、四、五号炉にはまだ核燃料が冷温停止状態にあり、使用済み核燃料も大量に保管されていて、行き場所がない(国内・国外の再処理工場もストップしているからだ)。

さて作中では、東海地震によって配管が破壊され、浜岡原子力発電所はメルトダウンの危機を迎える。 そのとき、新美所長と8人の所員が補助電源の起動、逃がし弁の手動操作のために高レベルの放射線の荒れ狂う中へと向かう。 その結果、メルトダウンは回避できた……という話なのだが、現実はそんなに甘くないことを、福島第一発電所が証明してしまった。

いまのところ、フクシマ50に死者は出ていない。 その代わり、低レベル放射線におびやかされる人々が、いったい何万人いるのだろう?

それに、『震災列島』では浜岡を津波が襲うことはなかったが、実際に東海地震が起こった場合については、「3.11の研究結果を見て考え直し」となるだろう。 地震についても、津波についても、現在の科学では予測できないことばかりだからだ。

日本列島は動き続ける

医師にして地学オタクの石黒耀の作品は、デビュー作の『死都日本』で霧島山系を吹き飛ばして日本を火山灰で覆った後、本書『震災列島』で東海地方の都市を地震で崩壊させ津波で洗い流した。続いては、『富士覚醒』で静岡・山梨・神奈川をおびやかす。


FrontPage   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2011-08-15 (月) 23:50:37 (2863d)