進化しすぎた脳

著者
池谷裕二
出版社
講談社(ブルーバックス)

副題:中高生と語る[大脳生理学]の最前線

この本は「オススメ」できる。 記憶や意識など、脳の働きについて、一通りまとまったことを知りたい人に向いている。 専門書は難しすぎるし、通俗解説書はあいまい(ないしイイカゲン)すぎる。 著者は、最先端の研究成果まで、きわめて平易に語っている。

この著者の試みは、著者自身への挑戦であったのだろう。 「はじめに」の中で、ファインマンの言葉を引用している。

高校生レベルの知識層に説明して伝えることができなければ、その人は科学を理解しているとは言えない

面白かった部分などの抜書き

クオリア

ここでせっかくだからちょっとカッコいい言葉を覚えておこう。 これは使える言葉。 「覚醒感覚」。 つまり、音楽を聴いて、すごく美しいと思ったり、悲しい気分になったり、リンゴを食べておいしいとか、甘酸っぱいとか、そういう生々しい感覚のことを「クオリア」と言うんだ。 「クオリア」というのは多分ラテン語で「質」という意味だと思うんだけど、英語ではクオリティ(quality)の語源になっている。

ここでいう「質」というのは、物質の〈質〉という意味ではなくて、ものの本質に存在するような質感の〈質〉。実体ではない〈質〉。美しいとか悲しいとか、おいしいとかまずいとか、そういうのをひっくるめて「クオリア」と言おう。つまり、僕らが世界を体験しているという実感、その感覚がクオリアだ。(149ページ)

朝の散歩に出たとき、朝焼けの空を見上げて、その気分のよさに思わずニヤリとしちゃうような、そのときの感覚も「クオリア」なのだろうね。 もちろん、ニヤリとしちゃうのは、クオリアではなく「行動」なのだが、その行動が意識的なものかどうかというと、意識的ではないような気がする。 意識と無意識の境界も、また曖昧なもののようだ。

「意識」の最低条件

  1. 表現の選択
  2. ワーキングメモリ(短期記憶)
  3. 可塑性(かそせい)(過去の記憶) (152〜153ページ)

意識的活動の典型は「言葉」だそうだ。 確かに、言葉をコミュニケーションの道具として使おうとするとき、表現を選択する。 言葉を発するには、あるいは発せられた言葉を聞き取るには、前後の音から単語を再構成する必要がある。 このとき、短期記憶が必要となる。 そして、言葉は覚え、学習し、その意味を修正しつつ使うものだ。

ところが、その意識的活動の典型であるはずの言葉ですら、完全に「意識的に」発しているのはないようだ。 意識して言葉を発するとしたら、しゃべる速度に追いつかないからだ。 半ば反射的に、つまり無意識のうちに、言葉を発していることとなる。

ははぁ、だから人は失言するわけだね。 意識的にコントロールしようと思っていても、無意識のうちに差別的発言を吐いてしまって発言を取り消したり陳謝する政治家のセンセイが後を絶たないわけだ。

自由意志と脳の指令

「好きなときにボタンを押す」という実験を行い、そのときの脳の活動のようすを記録する。 すると、運動前野が活動を開始してから1秒ほども経ってから「動かそう」という意識が生まれたという。

「動かそう」と脳が準備を始めてから、「動かそう」というクオリアが生まれるんだ。あ、厳密にいえば、「動かそう」ではなくて「『動かそう』と自分では思っている」クオリアだ。だって、体を自分の意識でコントロールしているつもりになっているだけで、実際には違うんだから。つまり、自由意志というのはじつのところ潜在意識の奴隷に過ぎないんだ。

こんな事実から、クオリアというのは脳の活動を決めているものではなくて、脳の活動の副産物にほかならないことがわかる。「動かそう」というクオリアがまず生まれて、それで体が動いてボタンを押すのではなくて、まずは無意識で神経が活動をし始めて、その無意識の神経活動が手の運動を促して「ボタンを押す」という行動を生み出すとともに、その一方でクオリア、つまり「押そう」という意識や感覚を脳に生み出しているわけだ。 (171ページ)

無意識的な脳の活動の結果に「意識」が後付けされるのかぁ。 朝の心地よさを「心地よい」と感じてニヤリとするのではなく、思わずニヤリとしちゃってから「心地よい」というクオリアが生まれてくるのだね。

自由意志の問題には以前からワシも興味を持っていて、こんの躾がうまくいかない理由も、実はこんの行動を観察していると面白いからだったりする。 動物は(ヒトもそうだが)同じ刺激を受けたとき、同じ行動をとるとは限らない。 どの行動をとるか、という選択、つまり意思決定を行っているのだ。

著者は研究室の学生といきなりジャンケンをすることで、意思決定について考えてもらおうとする。

なぜチョキを出したのか質問したら、「特に理由はない」ってU君やY君は言ったよね。意思決定というと、なんだか「自分」という強い意志をもった存在が別にいて、その自己的な何かが自分の行動を決定しているような気分になるけど、結局、意志なんて直感みたいなものでしょ。んで、直感って何なんだと突き詰めていくと、ゆらぎに行き着く。たまたま、ジャンケンをしなければならない時の、その瞬間の脳のゆらぎで、なにを出すかが決まってしまう。ある時ならチョキだし、別のある時ならば、グーかも知れない。根拠なんてない。(345ページ)

もちろん、その(ニューロンの膜電位の)ゆらぎはランダムなものではなく、ニューロンのネットワークの学習結果(つまり記憶)に左右されるものだろう。 記憶といっても、意識的に明文化できるものではなく、無意識的なものだろう*1

僕たちの目は、本来ならば、100万画素のデジタルカメラ程度の解像度しかない。この程度の画素数では、直線だってギザギザの線にしか見えないはずなんだ。でも僕らには机の輪郭がギザギザに見えたりはしないよね。これは、脳の中で、不足した情報が充填されて、直線であるかのように思い込まされているだけだと思う。こんなことは、コンピュータのようなボトムアップ処理だけでは決してできない。

おそらく、脳の大部分の情報は、トップダウン方式によって埋め込まれたものだろうね。視覚の話に限れば、3%しかボトムアップがないから、残り、97%が埋め込み処理だ。 こうしたことを考えていくと、自発活動は、単なる無秩序な脳のノイズじゃない。ジャンケンだってそうだし、単語の記憶もそうだけど、まちがってもランダムなゆらぎではないと思う。(353〜354ページ)

脳は、目の前の世界を見ているのではないわけだ。 犯罪の目撃者の証言がアテにならないのも、UFOを目撃してしまう人がいるのも、こうした脳のメカニズムが原因だ。 本人は確かに見た、と思っているのだが、それは限られた(3%の)情報を元に、脳がでっちあげたものかも知れないのだ。

科学の限界

科学で証明できることは相関だけだ。研究者たる者、実験科学の本質と限界を忘れてはいけない。因果関係を証明することは基本的に不可能だ。さっきの話*2だって、じゃあ、近視は遺伝が原因かというと、やはり見かけ上の相関だけかもしれないわけよ。つまり、「親が近視だと子どもも近視」の原因は、遺伝以外のもっと別のところにある可能性もある。

僕らがやっている大脳生理学なんかは典型的で、基本的に相関関係しかわからない。Y君の彼女の愛しているときの脳の状態がわかったとしても、そのデータは愛との「相関」を記述しているだけで、因果関係までは言えない。「これこそが愛の源だ」なんて、科学では永遠に解けない謎だってわけ。だから「愛」は、むしろ哲学の対象になる。

ワシはプロの科学者ではないが*3、科学教育は受けたし、理科教育の現場に身を置いたこともある。 また、ニセ科学(科学的であるかのように装う非科学的なマヤカシ)と闘わなければ、民主主義が危うくなると思っている。 だからこそ、科学の限界を肝に銘じておくことは重要だ。

脳は、科学的に切り込むのが難しい分野の一つだろう。 「脳について考える脳について考える」っていうような具合に堂々巡りになっちゃったりするしね。

その難しい脳科学について、解明されていることをわかりやすく、かつ、解明されていないことは解らないと、明確に語る著者の姿勢には共感を持てる。

科学の歩みは遅い。 ましてや、ニューロンの一つ一つ、神経伝達物質の一つ一つを丹念に調べていくような実験科学は、研究者の忍耐の賜物である。

一歩一歩「知の地平線」の拡大を進めていく著者にエールを送るとともに、また新しい研究成果についての解りやすい解説書を書いて欲しいと思う。


*1 ということで、2007年問題のような、「熟練工の技術を伝承することは難しい」ということになるのだろうね。
*2 1999年に『ネイチャー』に発表された「夜、常夜灯を点けながら乳幼児を寝かせると、その子は近視になる」という論文と、それに対して「親が近視なので常夜灯を点けるからだ」という反証が出たというの話。
*3 論文も書いていないからアマチュアですらない。

FrontPage   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2007-04-22 (日) 12:23:22 (4439d)