神の火

著者
高村薫
出版社
新潮社(新潮社文庫)

1991年、本書の単行本が発刊された。

それから20年後、福島第一原子力発電所がメルトダウンし、放射性物質を飛散させた。 東日本大震災に際して停止した原子力発電所、および定期点検のため停止した発電所を含め、一時的に国内のすべての原子炉が停止した。

しかしその1年後には、(たぶん)国民の過半数が脱原子力依存、早期廃炉を望む中、福井県の大飯原子力発電所が再稼働した。

『神の火』では、その大飯原子力発電所の西隣、高浜原子力発電所がモデルと思われる音羽原子力発電所に対するテロを描いている。

ただし、上下巻で計800ページの中で、主人公である島田が音羽原発の襲撃を決意するのは下巻の200ページ手前である。

そこまでの間、元原子力技術者にしてソヴィエトのスパイである島田が核技術にかかわる謀略に巻き込まれ、CIA と協力した KGB によって(ソヴィエトもペレストロイカの最中なのだ)脱するまでが描かれる。

その謀略に関係する「良」という名のロシア人青年の「原子炉を見てみたい」という思いを受け継ぎ、島田は音羽原発の襲撃を決意する。

襲撃と言っても、メルトダウンを起こそうとかそういうことではない。 テロリストが侵入可能であることを実証し、原子力発電という技術がけして安全ではないということを、つまり平和ボケの産物であることを示そうというのである。

良はなぜ原子炉を見たかったのか。 良にとって、原子炉は技術者である父の命を奪い、自らの体を蝕んだものだからだ。

下巻198ページ

 島田はひとりになった。再三再四の驚きも、もうこれが最後だろうと思いながら、島田は良の顔を思い浮かべる。君は崩壊したチェルノブイリの四号機に入ったというのか。測定器の針が振り切れてしまうような放射能を浴びながら、素手で瓦礫の山を掘り返して父親を探したというのか。

 君は国家に殺されかかったのだ。

下巻199ページ

 良は容体が悪いというが、一目会えたら、一言でも交わす時間があったら、この自分は何を言うべきなのか。島田は考え、考えて、絶望した。被曝してもう余命のない青年一人に、元技術者の一人として詫びる言葉すら見つからなかった。

 すべての科学技術は本来、その運用に当たって完全という言葉は使えない人間の所産にすぎないが、いったん壊れたが最後、周辺地域が死滅するような技術の恩恵を、人間はどれほど受けてきたというのか。原子力は、人間にどれほど必要な代物だったというのか、そう思い至ると、島田は回復不能の懐疑の闇に陥った。


FrontPage   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2012-08-26 (日) 22:53:16 (2548d)