笑う警官

著者
佐々木譲
出版社
角川春樹事務所(ハルキ文庫)

うたう警官

『笑う警官』は、もともと「うたう警官」というタイトルだったが、「うたう」という警察の隠語がわかりにくいので変更したのだそうだ。

「うたう」とは、内部告発すること、組織に不利な証言をすることである。 「うたう」警官は、警察組織を売る者として忌み嫌われる。

北海道警察生活安全部の津久井巡査部長が道警の裏金問題について議会で証言する(うたう)前日、札幌のマンションの一室で女性の死体が発見される。 その女性が警官で、津久井の元恋人だったことから、津久井が犯人と断定、手配される。

津久井は拳銃を所持している可能性があり、覚醒剤中毒の疑いがある。 抵抗したら射殺せよ。

この命令に、大通署の佐伯警部補は疑問を抱く。 佐伯は以前、津久井とともに人身売買組織の潜入捜査を担当した。 PTSD になるほどの過酷な任務を通して、互いに信頼感を得ていたのだ。

佐伯は独自に捜査し、真犯人を捕らえ、津久井を無事に議会に送り届けることを決意する。 タイムリミットは24時間。

警察小説

名探偵が名推理によって犯人を前に謎解きをするようなミステリーではない。

足を使い、書類を調べる。 そうした地道な捜査と証拠固め。

組織の中に居ながら、組織の論理に無批判に従うのではなく、自らの信念に従う警官たちが「カッコイイ」こと。

北海道警察シリーズ


FrontPage   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2010-10-29 (金) 23:28:31 (3277d)