宗像教授伝奇考

著者
星野之宣
出版社
小学館他(文庫版を含め何種類か出ている。ウチにあるのは潮出版社版)

禿頭・巨漢の民俗学教授、宗像伝奇(むなかたくまぐす)が、日本(ときには世界)各地の民話や伝承の謎を解き明かす伝奇ミステリー。 伝奇物なのでSFというよりファンタジーだが、謎解きなので面白いのだ。

『宗像教授伝奇考』は6巻(第六集)で一旦完結しているが、宗像教授の「冒険」は『宗像教授異考録』へと続いている。

第三集

file.13 佐用姫(さよひめ)の河

長良川河口(ぜき)を思わせる、末盧川(まつらがわ)河口堰問題。 その本筋とはちょっと関係ないところで、宗像教授がこう呟く。

「ゴルフ? あんなものは大人の不良のたまり場だ。カラオケの次に嫌いだな」

ワシもゴルフは好きではない。 スポーツとしてのゴルフはやったことがないので好きも嫌いもないが、日本においてはゴルフ場というものが生態学的に好ましくないものだと思うからだ。 好きだった山麓の樹林が拓かれてゴルフ場になったのにショックを受けたりしているしね。

第四集

file.20 殺生石(せっしょうせき)・後編

オウム真理教を思わせるカルト教団、ダーキニー原理教団が、「カルマを清算」するために原子力発電所の原子炉をメルトダウンさせようとする。 それを阻止しようと闘う宗像教授。

制御棒を引き抜かれ、暴走を始めた原子炉、そして警察と教団の銃撃戦で破壊されたコンソールを前に、原発職員が「だめだ、これじゃもう……」と泣き言を言うと、教授が吼える。

「しっかりせい! ふだん絶対安全とPRしとる原発だろう。何とかしろっ!」

はい。 原発は安全だと宣伝している以上、地震*1にしろテロにしろ、どんな災害にも壊れないでいて欲しいものである。 ……いやホント、大丈夫だろうね? 


*1 加速度の単位参照

FrontPage   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2008-07-24 (木) 21:21:03 (3987d)