宗像教授異考録

著者
星野之宣
出版社
小学館

禿頭・巨漢の民俗学教授、宗像伝奇(むなかたくまぐす)が、日本(ときには世界)各地の民話や伝承の謎を解き明かす伝奇ミステリー。

以下、ネタバレ注意。

第一集

第二集

第1話 花咲爺の犬

「花咲爺」の話と、日本人と犬との係わりがテーマ。 墓に葬られた犬を見ても想像できるように、縄文人は犬を友とし、大切な相棒として親しく暮らしていたらしい。 ワシはどう見ても弥生顔だが、こと犬に関しては、縄文人の心でありたいものだ。

ここで、ひとつ宗像教授異考録には描かれていない「ヒトとイヌの歴史」について疑問がある。 数万年前に人類がアフリカから旅立ったとき、イヌ(または、その祖先となったジャッカル?)も一緒だったのだろうか?  それからユーラシア大陸を経て日本列島へ、アリューシャン列島を経てアメリカ大陸へと旅した人類は、イヌ(の祖先)を連れていたのだろうか?  そのイヌ(の祖先)は、ヒトとともに旅を続けるうち、その土地のオオカミなどと交わることがあったのだろうか?  例えば「日本犬」には、どの程度アフリカを旅立った原種の血が残り、どの程度日本のオオカミの血が混じっているのだろうか?

う〜ん。イヌ科の遺伝的な差異(交配して雑種を形成できる限界)とか、そういった点まで考えないと、仮説として提唱するほどのものにはならないかなぁ*1

第2話 割られた鏡

閉鎖的な村に秘められた秘密(同義反復だなぁ)。 どこか怪しげな行動をとる村人たち。

……なんて書くと、ありきたりな展開を想像するが、 その想像は裏切られる。 裏切られ方が清々しいけど。

カミさんから一言。 「こういう研究者は許せんなぁ」

第3話 織女と牽牛

「牽牛」が「牛を牽く人」ではなく「牽かれる牛」だったら?  という視点で七夕伝説を見直すとこういう仮説もあり得る、という話。

神話や伝説が生まれた当時、世界(地球)は民族の交流を阻むほど広かったのか、 それとも人々は世界の広さを克服して交流していたのか、どちらだろう、などと 考えた。

第三集

第四集

第1話 サルタヒコ計画

道の辻などに立って旅人を守ったり、邪霊や悪疫がムラに侵入するのを防ぐと考えられていた……

「人形道祖神」と「サルタヒコ」と「モアイ」の関連は? 

縄文から弥生、土着の信仰から天孫降臨へ。 そのとき、人々の交流、異文化の流入以外に、悪疫もやってきたのではないか。

当時も現代も、外来の「目に見えない」生命体は恐怖の対象なのだよね。

第2話 鉄の帝国

八幡神を祀る地底の神社の謎。 こういう話のほうが、ホラーやオカルトめいたものより、ある意味で怖い。 国家が「祈る」とき、国民にとってはイヤなことが起こるからだ。

第3話 黒塚

安達が原の鬼婆伝説と弥彦山の弥三郎婆伝説、共通するのは鉄(黒金)、妊婦、人喰い。 何故、鬼婆と呼ばれる存在が「必要」だったのか?  日本の鬼婆と西洋の魔女との関連は? 

人々が嫌がる仕事を専門とする人が忌み嫌われる……という構図は、どこの社会でも共通のものなのだろうか?

宗像教授伝奇考』でも雑誌編集者が三枚目を演じていたが、本作でも小太りの編集者が教授に(いじ)められる。 最後にそのしっぺ返しを食うのだが……イザベラさん、本当に魔女? 

イザベラさんが犬たちに言う「遊ぼうとしただけなのに男の子たちが迷子になってしまったのネ」が良いね。 この男の子たちって、教授と編集者と大酒のみの坊主なのだよね。

第五集

第1話 道成寺

男が大蛇に変身した(というか正体を現した?)女に追われるという神話や民話、たくさんあるのだねぇ。

星野之宣は、そういう民話や伝承の共通点から、原型となった事件があったのではないかという仮説を提示するのがうまい。 学術的にあり得るのかどうかはともかくとして、あぁ、そんなこともあるかもねぇ、と思わせてしまうところがある。

第2話 複合遺跡

宗像教授伝奇考』第一集のテーマだった、鉄器の材料として隕石(隕鉄)が用いられたのではないかという仮説と、地域間の反目などが描かれる。 また、宗像教授のライバル?である忌部(いみべ)の出自も明かされる。

ところで、遺跡の下に遺跡がある、ということはよくあるらしい。 集落を造るのによい場所には、何度も集落が造られるのだろう。

第3話 虫めづる姫君

宗像教授が大学のキャンパスで出会った院生の天野亜橘(あきつ)は、現代の「虫めづる姫君」だった。 天野がまだ生きている姿を見たことがないというタマムシをフィールドワークで見つけた宗像教授の顔は、まるで少年のようだ。 「常世の虫」がアゲハチョウの幼虫なのかどうかという謎は明かされるが、結末は悲しい。

よいマンガというものは(小説も映画もそうだが)最初に読んだときに面白く、二度目に読むとなお面白いものだ。 本編は最初に読んだときにしんみりし、二度目に読んでじんとくるのだった。

第六集

第1話 再会

「かぐや姫」と「浦島太郎」はもともと一つの話だったのか?

大和朝廷による隼人の迫害・強制連行を物語る話なのか?

……忌部神奈(いみべかな)をはじめ、これまでの作品に登場した人たちがちょいちょいと顔を出す。 こういうことをされると、前の巻を読み返したくなるからやめて欲しい(反語)。

第2話 天空の神話

またまたホリエモンそっくりさんが出てくる。 すっかり改心(?)したのかと思ったら、やっぱり金頼みかな。

古代船を復元しての航海中、同行した宗像教授らもろとも遭難する。

……そうだよねぇ。 フェニキア人が発明した西洋の星座や、中国の星宿だけでなく、古代の日本にも独自の星座や星の物語があったかもねぇ。

ちなみに、もしも夜空の星がランダムに散らばっていたら、星をつないで形を考えることなどできず、星座の物語もできなかっただろう、といわれている。 地球が宇宙の中心であったなら、星座は作られなかった。 銀河辺境という太陽系の所在こそ、神話の産みの親なのだ。

第3話 黄泉醜女

なぜ、美しい妹と、醜い姉は「セット」なのか?

正月に帰省した宗像教授、姪たちを相手に、一発芸を披露する。 「鏡餅」とか「獅子舞」とか……。

カミさんいわく、 「宗像教授ってこういうキャラだったっけ?」

……という具合に軽いノリで始まった話が、最後には歴史の暗部に到る。 暗部といっても、陰謀とかそういったものではなく、人々の平穏な生活のために犠牲となった女たちの話である。

第七集

第八集

第1話 廃線

北海道の、とある廃線にまつわる話。

鉄道が消えるとともに、消えていく村もある。 人の暮らしが消えても、その痕跡は残る。

第2話 九呂古志家の崩壊

ポーの「アッシャー家の崩壊」のようなタイトルから推測できるとおり、由緒ある古い家族をめぐる物語。

だが、怪異譚というよりミステリーであり、サスペンス仕立てになっている。

縄文時代から続く九呂古志家は、新潟で産する石油(および天然ガス、アスファルト)を商ってきたという。 その九呂古志家の守り神である一つ目の巨人「黒入道」の正体とは……。

そういえば、星野之宣はタール・トラップをネタに使った短編を他にも書いているなぁ……。

第3話 失われた島

沈んだ島の伝説、たたら製鉄、隠れキリシタン、海底探査、実益を求める実業家、遭難、救助、恋愛(を見守る年配者)……とまぁ、いろいろと詰め込んだものだ。

第九集

第1話 鯨神

なまはげなどの仮面来訪神……客人(まれびと)が、海辺の伝統なのはなぜか?  回遊するクジラが陸地に乗り上げてしまう「寄り鯨」との関係は?

縄文時代の日本人にとって、そして現代のイヌイットやアリュートなどの海洋狩猟民にとって、寄り鯨や湾に入ってくるイルカは、恵をもたらす神に等しいものだったのではないか?

……ヒトを万物の霊長と自称する人たちからすると残酷で「かわいそう」なことも、その現場に生きる人たち……ヒトを他の生き物と対等な、自然と闘う生き物ととらえる人たち……にとっては、感謝とともに肉を得ることなのだ。

第2話 雁風呂

冬の間に命を落とした雁の数だけ、海岸に小枝が残される……という話、昔サントリーのウィスキーのCMでやってたね。

第3話 女帝星座

この話のテーマは二つある。

一つは、神功皇后とギリシア神話のカシオペアとの類似点。

第六集第2話の「天空の神話」でも触れられていた日本独自の星座と、ギリシア神話に基づく星座の類似……よく考えたら、星座ってのは神話をベースに考えられたのだろうか? それとも、星座を先に考えて、それにあわせるように神話を編んだのだろうか? 

もう一つは、天皇陵の考古学的調査が宮内庁により禁止されていることの問題点。

決めつけと思い込みは、科学的な探究の敵だよね。


*1 その後いろいろ調べてみたら、どうもイヌは人類と移動した先々で、その土地のオオカミと交雑したらしい。イヌとオオカミは、遺伝的に極めて近いようだ。かつてイヌのジャッカル起源説もあったが、DNA解析により葬られたようだ。

FrontPage   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2008-11-02 (日) 22:20:40 (3879d)