別冊日経サイエンス 社会性と知能の進化 チンパンジーからハダカデバネズミまで

編者
日経サイエンス編集部
出版社
日経サイエンス社

第1章 類人猿の社会と文化

オランウータンやチンパンジーの文化の話。 ヒトとあまり違いが無いだけあって、類人猿の行動は面白いねぇ。 食物となる同じ植物があっても、特定地域のグループだけがそれを食べ、他のグループは食べない、という記述がある。 いわば「食文化」だが、その違いの原因が「とげだらけの果実から種子を掻き出す道具」の使用の有無であったりするのだ。

飼育下にあるオランウータンやチンパンジーは、道具の使用はもちろん、計算や言語などに驚くべき能力を発揮する。 類人猿は野生の状態で必要とされる以上の能力を持っているように思える、という謎への回答が16ページに示されている。

普段は必要がなくても、厳しい条件のときに道具を使えるような能力(この場合、脳の力と手先に器用さ、かな)を持っている者こそが生き残ってきたのだろう。

ヒトを含むサルと類人猿、クジラ類とゾウは、そのような潜在的な知的能力を持ち、機会があれば知的・文化的な活動を行うことができるのだ。

しかしまぁ、オランウータンの棲むスマトラ島の熱帯雨林にしろチンパンジーの棲む西アフリカの森林にしろ、類人猿にとって快適な環境は、研究者にとっては苛酷だよねぇ。 野生動物の観察は、とっても辛いのだ。

以下、第1章の収録論文のタイトルを並べておく。

オランウータンの道具の文化が示す知能の進化

文化から探るチンパンジー社会

ボノボの性行動と社会

レイプするオランウータン*1

第2章 行動と生態の謎に迫る

動物たちの行動経済学

「行動経済学」は、人間の経済活動を人類進化の遺産としてとらえる新しい分野である(48ページ)。 ヒトの経済活動の起源を動物の利益交換から説明できるという。

オマキザルを使った「不公平な報酬を拒否する」という実験(52-54ページ)など、思わず笑ってしまう。

オマキザルに小石をひとつ与えた後、「小石を返せばご褒美をあげる」とキュウリのスライスをかざして見せたのだ。 サルはたちまち交換の原理をのみ込んだ。 2頭を並べての実験では、どちらも喜々として、小石を実験者のキュウリと交換した。

ところが、片方のご褒美はキュウリのままで、もう一方にはブドウを与えたところ、事態は思いがけない展開を見せた。 実は、オマキザルにとっては、ブドウのほうが大のご馳走だ。 キュウリを目当てにやる気満々だったサルが、突然ストライキに突入した。 隣のサルのほうがうまい取引をしているのを見てやる気をなくしたばかりか、いら立って小石をテストチャンバーの外に投げつけた。 キュウリまで投げ出すこともあった。 普段なら決して拒まれるはずのない餌が、欲しくもないものに変わってしまったのだ。

中学生のムスメに読ませたら、「サルってホント、人間みたいだね」と言った。

ムスメよ、それは逆なのだ。 ヒトは、裸のサルにすぎない。 数百万年前は、サルとヒトの区別はなかった。 ヒトと同じ感情や行動をサルが示しても当たり前なのだ。

サルや類人猿に限らず、脊椎動物に広く見られる「互酬的利他行動」に共通するのが、 「情けは人のためならず、めぐりめぐって己がため」ってコトも面白い。

強いライオンたちがなぜ群れる

ライオンは近年になってその地位が下落した動物のひとつである。 「百獣の王」はその立派な容姿から人間が勝手に描いたファンタジーであって、実体は大型肉食獣の一種に過ぎない*2

ライオンの共同行動は、進化的に見れば理解しがたい。 (中略) 厚かましくも私たちは、この問題は2〜3年で解けると考えていた。 しかし、ライオンは極端に何もしないことに長けた動物だった。 クリプトン、アルゴン、ネオンなど不活性な希ガスのリストにライオンを加えたくなったほどだ。

狩りはハイエナよりヘタだし、オスどもときたら徒党を組んでプライドを襲う。 そのプライド、つまりライオンの群れは6〜10頭のメスからなる集団だが、1頭のオスのハーレムではない。 プライドに入り込んだ1〜8頭のオスの「同盟」は、子どもを殺し、その父親を追い出す。 そうやってオスたちは自分の遺伝子の競争相手を排除するのだ。

その一方、プライドを構成するメスたちも協同して狩りをしたり、子育てに協力する。 血縁集団であるプライドにおいては、子ども達はいずれも自分の子や孫や甥や姪なのだから。

血液を分けあうチスイコウモリ

自分にとっては不利なのに、吸血し損ねた隣人に血液を吐き戻して与えるのはなぜか?  ……どうも、仲間に血液を分配することで、個体群の生存確率が上がるらしい。

しかしまぁ、数時間も木の「うろ」に上半身を突っ込んで仰向けに寝転んで、ねぐらのコウモリを観察するとか、数百個体に個体識別用の標識(鳥の足輪のようなもの)を付けるとか、やっぱり、野生動物の観察は辛いねぇ。

ヒゲクジラ類の行動

(比較的)観察の容易な陸上動物と異なり、クジラはその生活の20%(海面に出ている時間)しか観察できない。 クジラの研究がめざましい発展を遂げたのは、新しい技術を使えるようになったここ数年のことだという。

ザトウクジラは歌い、ニタリクジラは親子で会話し、ホッキョククジラは丸太で遊ぶ。

いやぁ、クジラは旨いけど、知らないことも多いのだよねぇ。 日本の調査捕鯨、クジラの行動や生態も調査しているのかなぁ。

イルカの気泡リング遊び

映画『銀河ヒッチハイク・ガイド』によれば、イルカは地球上で2番目に知能の高い動物だそうだ*3。 知能の高い動物であるから、当然、イルカは遊ぶ。 イルカのショーを見ていると、こいつら、楽しんでやっているな、と思うことがある。 しかし、ショーで使うボールや亜鈴やループがなくても、イルカは遊び道具を「作って」遊ぶのである。

イルカがリング状の気泡を作って遊ぶことは、1996年のこの論文で初めて知ったが、その後ドキュメンタリーなどでビデオ映像も見られるようになった。 改めてこの論文を読んでみて、その様々な気泡の作り方に驚かされた。

自分の作った渦に気泡を吹き込むには、目に見えない渦の位置を確認しなければならない。 このとき、イルカはクリック音(探査音)を発している。 ソナーを使って「音で見ている」のだね。

イルカが遊びの中で何を発見しているのか、聞いてみたいものだねぇ。

アリのような社会をもつハダカデバネズミ

1頭の女王と数多くのワーカーで構成されるコロニー、というと、アリやハチの巣を思い浮かべるが、東アフリカの乾いた草原の地下にトンネルを掘って暮らすハダカデバネズミも、「真社会性コロニー」をつくる。

ハダカデバネズミのコロニーでは、1頭の女王だけが繁殖力を持ち、他のメスはワーカー(働きデバネズミ)としてトンネルのメンテナンスに励む。 ワーカーが生理的に不妊なのではなく、女王により「抑制」されている、というのが面白い。

ホルモンがプレーリーハタネズミを一夫一妻にする

プレーリーハタネズミが一夫一妻なのは、いつも夫婦が一緒に居て、一緒に子育てをするためらしい。 その行動には、授乳ホルモンであるオキシトシンと抗利尿ホルモンであるバソプレシンが関係するらしい*4

プレーリーハタネズミの夫婦が接触しあっていることが刺激になって分泌されるオキシトシンは、夫婦の社会的結び付きの形成を促進する。 バソプレシンは、オスに仔の世話や家族を守るための防衛行動を引き起こす。 オキシトシンもバソプレシンも神経伝達物質としてのはたらきをもつ。 夫婦関係とか家族の維持とか、そういった社会的な活動も、結局のところ生化学物質によってコントロールされてしまうのである。

第3章 知能と適応

知能の出現

知能的であることの一つの基準は、行動の結果を予測する能力――シミュレーションする能力――かも知れない。

また、知能の最先端である「創造性」を産むメカニズムは、脳の中でたくさんのアイデアを競争させ、最適なもの(最良のものとは限らない)が淘汰されて生き残る、というものなのかも知れない。 これはまさに、個体の脳の中でのミームの進化と言えるだろう。

混雑の心理学 密集は暴力を駆り立てるか

1970年代には、21世紀は明るい未来ではなく、人口爆発と食糧危機、環境破壊による暗黒時代になってしまうのではないかと思われていた。 その一つが、過密な状態に置いたネズミの実験だった。 その実験に基づき、人口が増加し過密になると、そのストレスによって人々は凶暴になり、凶悪犯罪が多発するだろう、と予測された。

だが、その予測は(幸いにして、過密については)外れた。 21世紀の現在、人口増加や地域的な飢餓、温暖化に代表される環境破壊は深刻だが、少なくとも人口密度と凶悪犯罪の増加との間に相関関係はないそうだ。

その理由はもちろん、21世紀になって人類がより知的に「進化した」からではない。 ヒトを含む霊長類はどうやらネズミとは違うことが理由のようだ。 霊長類はネズミと異なり、過密な状態では感情を抑制し、より協力的になるのだ。

エレベーターの中では、人々は視線を合わさないようし、会話の声は小さくなる。 満員電車に乗りなれた人々は、下車する人たちが動きやすいように身を寄せたり、いったん車外に出たりする。 ……マンウォッチングをしていると、過密に対処できるサルの振る舞いが観察できる。

文化はどう進化するのか ミームをめぐる論争

ミーム(meme、意伝子、模倣子)は、いわば「文化の遺伝子」である。 物理化学的な実体はないが、「1つの文化の中で人から人へと広がる思想や観念、行動、スタイル、あるいは慣習(130ページ)」である。

心理学者のスーザン・ブラックモアの論文「主役は自己複製子「ミーム」」では、ミームがヒトの脳を進化させ、文化を発達させた可能性を示唆する。 生存に必要な技術だけでなく、占いや人柱のような生存には不都合な「文化」が生き残っているのは、ミームの働きによるものではないか……。

この論文を読んだ後、早坂隆の『祖父の戦争』を読んで、ひょっとしたらヒトが戦争をせずにはいられないのもミームの働きによるのではないか、と思った。 正確には、戦争を仕方ないと思うような脳、戦闘に際して果敢に戦ってしまう身体が、生物学的なヒトには必要ではないのに、ミームによって維持されてきたのではないか、ということだ。

安易に信じて他人に伝えるという非科学的な行動は、有害なミームを維持し、伝播させることに他ならない。 「疑い、検証する」という科学的な思考方法は、そうしたミームを排除し、より健全なミーム(文化的な文化、と言おうか?)だけを生き延びさせる。 こうして科学的な民主主義により、人類は初めて妄信や専制、隷従から脱することができる。

同じように、絶え間ない戦争からも脱することができないものだろうか。


*1 真面目なページなのに、「レイプ」とか「殺し」とかいう単語が載っているせいで、またぞろキッズgooではブロックされちゃうんだろうなぁ。
*2 当たり前である。ライオンが「百獣の王と呼べ」と言ったわけではない。ちなみに、ヒトも大型雑食獣の一種に過ぎない。
*3 ヒトは3番めである。当然。
*4 夫婦関係の維持に関係しているのが、直接的に「性」に関係なさそうなホルモンであるところが面白い。というか、ホルモンとかフェロモンとかいうとすぐ性的なことに結び付けたがるヒトザルには困ったもんだと思うね。

FrontPage   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2007-06-20 (水) 22:01:57 (4507d)