時砂(ときすな)の王

著者
小川一水
出版社
早川書房(ハヤカワ文庫JA)

『第六大陸』の小川一水による時間SF。

時間SFは、必然的に「ご都合主義」的になる。 主人公、または語り手が生き残らなければならないのだから、タイムパラドックスで消滅しちゃうような結果にはならないのである。

『時砂の王』では、絶滅に瀕した26世紀の人類が人工知性体を過去に送り込み、未来を変えようとする。 多元宇宙論(多時間理論)に基づき、過去に干渉すると時間線は分岐し、新しい未来が作られる。 だから、正確に言うと「未来を変える」のではなく、人類が絶滅せずにすむ未来を作ろうとするのである。

当然、この物語の主軸は人類が絶滅せずにすむことになった時間枝である。 バーサーカーのような殺戮機械「ET」の攻撃を退け、人類が絶滅の淵から立ち上がったのは、西暦248年の邪馬台国。 これは若き卑弥呼の物語でもあるわけだが、これまで描かれてきた卑弥呼とは、ちょっと違う。 女王に選ばれてしまった少女が苦悩するのだ。

また、たくさんの分枝、人工知性体(メッセンジャー)たちが救えなかった時間枝についても語られる。 2598年の海王星の衛星トリトン、2119年の火星、1943年のフィンランド。

たくさんの枯れた枝と1本の生き残りの枝、という図式は、グールド*1の系統樹を思わせる。 運の良い生者だけが認識されるが、それはたくさんの死者があってこその存在なのだ。

死者の山を築きながら数多くの人々を救い、時間枝を渡り歩いたメッセンジャー、オーヴィルが主人公である。 26世紀のトリトンで強化された人間の身体をもったAIとして造られ、人間らしくなるための教育を受けた*2。 時間を遡り、過去の地球人にメッセージを伝え、ともに闘うために。 そして448回目の戦闘で卑弥呼と出会うのだった。

タイムパラドックスを利用した物語

「オーヴィルの恋愛」や「救うべき人類」とは何か、ETはどこから来たのか、ETを造ったのは何者か、何ゆえ人類を絶滅させようとするのか……といった内容についてはここには書かない。 書いちゃうと面白くないからね。

さて、この物語はタイムパラドックスを利用している。 タイムパラドックスを回避するのではなく、タイムパラドックスによって起こる「可能性」を利用して物語を展開しているのだ。

そもそもメッセンジャーたちは過去に干渉して未来を、自らの出発点である現在を変えることを目的としている。 これは、戻るべき場所を消し去ってしまうことを意味する。 少なくとも、自分の帰属していた時間線は変容する。 それだけではない。 ETによる過去への干渉により、メッセンジャーが造られるもとになったヒトが死んでしまえば、因果律によってメッセンジャーも消滅してしまう可能性すらあるのだ。 いやはや、ややこしい話である。

物語の終盤、主人公は死んで戦士らしい休息を得て、タイムパラドックスによりご都合主義的結末を迎える。 ここで、「なんだ、ご都合主義じゃん」と思わないのは、よく練られたプロットに乗せられる快感があるからだろう。 そしてまた、エピローグも「こうくるんだろうな」と思った通りで、ニヤリとするのである。


*1 断続平衡説の提唱者。『パンダの親指』参照。
*2 その過程で一人の女性と出会う。26世紀のAIは恋もするのだ。

FrontPage   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2007-10-31 (水) 23:00:45 (4247d)