山はどうしてできるのか ダイナミックな地球科学入門

著者
藤岡換太郎
出版社
講談社(ブルーバックス)

問:山はどうやってできるのか?

答:プレートテクトニクスとプルームテクトニクス

その昔、40年ほど前の高校地学では、(火山以外の山は)堆積物や地下の冷えた火成岩が何らかの作用によって徐々に盛り上がったものだ、と教えられた(地向斜造山運動)。 その作用って何なんだよ、と思ったのだが説明されることはなかった。

さて、実際に山に登ってみると、山の構造はそんなに単純ではないことに気付く。

とくに野生動物の観察のために長時間一箇所の定点観察ポイントにとどまり、対面の岩場を見ていると、数メートル離れただけで色ももろさも異なることがわかる。

徐々に盛り上がった堆積物とかそういったものなら、もっと均質でもいいはずではないか。

たしかに、アルプスやヒマラヤの長大な褶曲の写真を見ると、ゆっくりした作用によって均一にできたもののようにも思える(じつは数百万年程度の「短い」時間にできたらしいが)。

それに対し、日本の山はグズグズ・ボロボロの岩クズの集合体のように見える。

その理由は、本書でも示されている。

日本の山は、沈み込んでいく海洋プレート上の海底火山が、大陸プレートに剥ぎ取られ、大陸側の盛り上がりにくっついたもの(付加体)である。

次々と掻き取られては積み重なったものだから、グズグズだし、均質でないし、断層だらけなのだ。

そして、プレート境界面で起こる反発(地震)によって揺さぶられ、崩れる。

おまけに、沈み込んだプレート起源のマグマが地上に噴き出て火山となる。

どうしてこんなところに原子力発電所を作り、放射性廃棄物を地下に埋設しようなんて思うかね?

たぶん、プレートテクトニクスがメジャーになる前に、原子力を国策にしちゃったからだろうね。

ちょうど40年前(1973年)の小松左京著『日本沈没』はプレートテクトニクスを中核に据えたハードSFである。 高校の地学の先生が推薦していたので、夏休みに読んだ。

そのころから、地質学は大きな変革期に入ったのだ。 それ以前の地学を学んだ人は、勉強しなおさないと時代遅れなのである。 ちゃんと勉強すれば、「安定した地層」なんていうバカなことは言えないだろうに。

……そういや、当時は地学は必修だったが、いま地学を履修している高校生はどれくらいいるのだろうか?

いまやプレートテクトニクスは「ほぼ確実」な仮説となり、学会の権威が認めなかった大陸移動説もどうやら事実と思って間違いない。 マントル対流仮説も「プルームテクトニクス」として確立しつつある。

今後も地質学・地球科学に関する知見は次々と(たぶん急激に)更新されていくのだろう。


FrontPage   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2013-04-23 (火) 00:49:17 (2344d)