三陸海岸大津波

著者
吉村昭
出版社
文藝春秋社(文春文庫)

明治29年、昭和8年、昭和35年の津波の記録

作家・吉村昭が歩いて取材した三陸海岸の大津波の記録である。

明治29年の津波を経験した当時86歳の老人の証言。 海面から50メートルはある丘の中腹の家の中まで津波がやってきたという。

いっしょに話を聞いていた田野畑村の村長は、不安そうに顔を曇らせる(26ページ)。

「ここまで津波が来たとすると、あんな防潮堤ではどうにもならない」

津波を防ぐために設けた防潮堤の高さは8メートルで、専門家もそれで十分だとしていたのである。

年寄りの法則

被災者の証言や子供の作文を読むうちに、「年寄りの法則」とでも呼ぶべきものが存在することに気付いた。

磯に押し寄せたウナギの大群を、不吉な前兆としておそれる老人がいたそうだ。 一方、地震があっても「冬と晴れの日には津波は来ない」と言って、避難せずに寝てしまった老人もいたという。

2011年3月11日の津波でも、「津波はここまで来ない」と言って家に残った老人が何人も亡くなっている。

変わらないもの

本書は、1970年に『海の壁――三陸沿岸大津波』(中公新書)として発刊された後、1984年に『三陸海岸大津波』(中公文庫)として文庫化され、2004年に文春文庫から再び文庫として発刊された。

終章に、津波を体験し生き残ってきた古老の言葉がある(178ページ)。

「津波は、時世が変わってもなくならない。必ず今後も襲ってくる。しかし、今の人たちは色々な方法で十分警戒しているから、死ぬ人はめったにないと思う」

残念ながら2011年3月11日の津波では、明治の大津波に迫る死者・行方不明者が出てしまった。

なぜ、被害を最小限にとどめることができなかったのか。 被害に遭った方のためにも、過去の記録を参考に、今回の災害の検証を進めていかねばならないだろう。


FrontPage   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2011-05-31 (火) 22:42:02 (2946d)