裁判官の爆笑お言葉集

著者
長嶺超輝(ながみねまさき)
出版社
幻冬舎(幻冬舎新書)

「爆笑」できる「お言葉」はなかった

「刑務所に入りたいなら、放火のような重罪ではなくて、窃盗とか他にも……」

捕まって刑務所に入ることを志願して、国の重要文化財である神社の拝殿に火をつけ、非現住建造物放火の罪に問われた男に対して。

本書のタイトルに「爆笑」とあるが、じつのところ、笑えるお言葉は少なかった。 もちろん、一人で読んでいたので「爆笑」は不可能だった(大勢が一斉に大声で笑うことを「爆笑」というのだからね)。

むしろ、取り上げられた「お言葉」の「もと」となった事件があまりに酷くて、被害者やその家族のことを思うと悲しくなるものが多いのだ。 それだけに、裁判官が判決言い渡しなどの際にやりきれない思いを口にする、その心情を察することができる。 裁判官も人間なのだよねぇ。

裁判官の「科学的」なお言葉

「それは、あなたの思い込みではないですか」

「定説主義」を振り回すカルト集団「ライフスペース」代表のザ・グルに対して。

よくぞ言ってくれました!  妙な理屈を振り回す宗教もどきの犯罪者に足りないのは、「自らを疑うこと」だからねぇ。


FrontPage   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2007-05-04 (金) 23:38:04 (4430d)