砂漠の惑星

著者
スタニスワフ・レム
翻訳者
飯田規和
出版社
早川書房(ハヤカワ文庫SF)

以前から読もうと思ってはいたが、なかなか手にとるヒマがなかった。 今回、大きな活字の新装版になったので読んでみることにした。 老眼になってきたので、細かい字の文庫本は読めないのだ。

さて、原題を日本語に訳すと『無敵』だそうだ。 本書に登場する宇宙戦艦の名前であり、本書のテーマも表している。

レムが『ソラリスの陽のもとに』など多くの作品に描いているテーマは、「異星の知性は理解できるものかどうか」ということだ。 『砂の惑星』では、そのテーマに関連して、「異星の知性と戦って勝てるものなのかどうか」を描いている。

(以下、ネタバレ注意)

1964年の作品であるから、惑星探査の方法や兵器についての記述には、やや古さを感じるが、読み進めるうちに気にならなくなる。 異星の機械知性も、自己増殖する小さなユニットが集合して大きな脅威となるあたり、その後のSF(ナノテクノロジーものなど)で詳しく扱われていることもあって、目新しさはない(『マトリックス・レボリューションズ?』の最後に出てきた機械の神(デウス・エキス・マキナ)の映像を思い出した)。 むしろレムらしいのは、そのような脅威に対する人間の姿勢の描き方にあるように思う。

第一次探検隊を全滅させ、その調査におもむいた「無敵号」の兵器(反物質砲を搭載したロボット戦車)の攻撃をも撥ね退け、隊員の大部分を無力化した〈黒雲〉との闘いを通じて、主人公は気付くのだ。

人間はまだ必要な知性の高さには達していない、ということをロハンはあらためて痛感した。人間はまだ、遠い昔からの夢であった銀河系的人間という美しい呼び名にふさわしい存在にはなっていないのだ。(中略)数百万年のあいだに、自然法則以外の何ものにも支配されない独自の安定状態をつくり出して活動している存在に対して、攻撃を加えてはならない。それらの存在は、われわれが動物あるいは人間と呼んでいる蛋白質的化合物の存在に較べて、決して優るものではないにしても、しかし、決して劣るものでもないのだ。(p.240)

そして主人公は生身で生存者の探索に出掛け、砂漠の惑星の地上を支配する生命なき知性との遭遇を経て、生きて帰るために苦闘する。

それでもロハンは急に帰りたくなった。早く戻って、仲間の死を報告するだけでなく、この惑星をそっとしておくように皆を説得したかった。この宇宙のすべてがわれわれ人間のために存在しているように考えるのはまちがいだ――ロハンはゆっくりと下に降りながら、そう思った。(p.299)

さてさて、1964年といえば、ワシは小学1年生であった。 そのせいか、本書に登場するガジェットの数々を、アオシマとかイマイのプラモデルのような姿で思い描いてしまうのだ。 宇宙戦艦である光子ロケット、でかいタイヤやキャタピラが付いていたりGEM(ホバークラフト)だったりする万能車、「無敵」のロボット戦車、金属製の人間型ロボット、円盤型の飛行機……。

……なんか懐かしいのであった。


FrontPage   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2006-09-05 (火) 21:26:03 (4824d)