鋼の錬金術師

著者
荒川弘
出版社
スクウェア・エニックス(ガンガンコミックス)

アニメがヒットしているころ*1、ムスメが読んでみたいというので単行本を三冊買ってみたところ、面白かった。

2007年8月現在、17巻まで刊行されている。

世界初の錬金術マンガ?

「鋼の錬金術師」と呼ばれる少年が、鎧姿の弟とともに「賢者の石」を探し求めて旅する冒険ファンタジー……というように説明しちゃうと、全然違う気がするなぁ。

ファンタジーといえばファンタジーだが、魔法のような「錬金術」にあれこれ制限事項があったりするので、その意味ではおおいにSF的だ。

場所は、地球のパラレルワールドっぽい。 多くのファンタジーのような「剣と魔法」の社会ではなく、ビクトリア朝から第一次大戦前後のような、近代文明社会である。 SFで言えば、「スチームパンク」である。 その一方、機械鎧(オートメイル)と呼ばれる神経制御義肢の技術が発達していたりする。

「錬金術」とは言うものの、「卑金属から貴金属を生成する」という中世の錬金術とは少し違う。 錬成陣(魔法陣)に置かれた物体を任意の組成と形態に錬成(変成)させるというものだ。

「等価交換」「質量保存の法則」といった制限があるらしい。 作中でも、主人公のエドワード・エルリックが気にして何度も「法則に従ってねぇ」なんてことを口にしている。 つまり、制限を回避する方法があるらしく、その鍵になっているものが「賢者の石」というわけだ。

その一方、「錬成」に用いるエネルギーがどこからもたらさせるのか、については説明が無く、ず〜っと疑問に思っていたのだが、17巻で「地殻変動のエネルギー」を利用していると語られる。

え〜っと、地殻変動のエネルギー源、ということになると、マントル対流かぁ。 地球内部の放射性物質による核分裂エネルギーが熱エネルギーに変わり、その熱エネルギーによって「岩石」が対流する……。 マグマの熱や、地殻の歪みとして蓄積し、火山の噴火や地震として開放されるエネルギー。

……そのエネルギーを、どうやって利用するんだろう?  まぁ、まだ裏がありそうだなぁ。

戦争と少年

エドワード・エルリックは史上最年少の「国家錬金術師」である。 戦争の際にはその能力を国家のために使う「人間兵器」なのである。 エドワードは、失われた自分の手足と弟の身体を取り戻すために必要な知識と、生活の糧を得ることの代償として「国家の狗」になったのだ。

エドワードの国、アメストリスは軍事独裁国家で、近隣諸国への侵攻や周辺民族の殲滅を繰り返している。 その中でも、イシュヴァール殲滅戦は、登場人物の多くのトラウマとなっている……。

……少年マンガで、これだけ正面切って戦争の理不尽さを描いた作品は少ないのではないか。

……と思ってよく考えたら、ワシが子供の頃から、そういう少年マンガはあったね。 『サイボーグ009』とか……。

ちなみに、エドワードとアルフォンスのエルリック兄弟は、17巻まで「誰も殺していない」。アクションもののマンガとしては珍しいかも知れない*2

そういえば、最近の少年マンガでは、やたらと「死ね」「殺す」という台詞が多く、殺伐とした感じだ。 まぁ、「敵を倒す」という表現を使っていても、結局は殺しだしねぇ。 なんかこう書くと、ホント殺伐としているなぁ。

一方、現実世界ではできない暴力のはけ口をフィクションに求める、というのは健全なことなのかも知れない、とも思う。 『007シリーズ』にしろ『ダイ・ハード』にしろ、アクション映画なんて人殺しのオンパレードだしねぇ。 もっとも、『ダイ・ハード』なんて主人公が刑事なんだから、悪者は殺さないで裁きにかければいいのに、とも思うけど*3

人が殺されたり殺したりするのがフィクションの世界だけになって、戦争なんて愚かしいものが地球上から無くなればよいのに、……と終戦の日に思ったのであった。

まてよ。エルリック兄弟も一人殺しているね……作り損ねた人造人間(?)を。

人体錬成

水やら炭素やらリンやら、人体を構成する元素を集めて、「生きた人間」を練成する……。 う〜ん、橋のような建造物や、剣のような武器を作り出すのと違って、生物をその構成物質から作り上げるのは難しいと思うよ。

なぜかというと、生物は細胞から構成されているからだ。 そして、「ぱっ」と形ができるわけではなく、細胞が分裂して増え、積み重なって組織をつくり、組織が入れ子になって器官をつくり……また細胞が一斉に死ぬことによって、身体がつくられる(『生物と無生物のあいだ』参照)。

つまり、いくら材料があってエネルギーがあったとしても、「時間」と「細胞間の相互作用」がなければ、生物体をつくることができないのだ。

……というわけで、「ぱっ」と生物を作れるとしたら、じつはその間にすごく長い時間がかかっているのかも知れない。 ブラックホール周辺の時間伸張効果を使うとか。 こういうSF的な解釈をすれば、不可能ではないけどね。

ギャグも多い

ここまで書いたことを読み返してみると、なんだかすごくシリアスなマンガみたいだ。 しかし、ギャグも多い。 というか、ギャグのないページのほうが少ないのではないか?

シリアスな話の中にギャグが混ざってしまうというのは、これも手塚治虫や石森章太郎以来のSFマンガの伝統かなぁ。

巻末の4コマや表紙(カバーを外した表紙)と裏表紙、背表紙に至るまで、ギャグを盛り込むサービス精神には感心した。

また、やたら細かい書き込み(文字じゃなくて絵だから描き込み?)が多く、一度読んだだけでは気付かない伏線や遊びが多い。 ムスメどもは「コートを着た坊主頭の例の人、どこに居た?」などと言いながら探している。

「強い」人たち

エルリック兄弟は錬金術の天才であると同時に、格闘技の達人でもある。 その師匠のイズミ・カーティス(職業:主婦)がまたすごく強い。

いや、とにかく女性達がみな強いのである。 名前を列挙しようかと思ったが、あまりに多いのでやめておく。

ちなみに、脇役には筋肉ムキムキの暑苦しい大男が何人も登場する。 作者がオヤジを描くのが趣味だかららしい。 だがこの大男どもは、揃いも揃って気の優しいヤツらなのである(乱暴だけどね)。

また、単なる「力の強さ」だけでなく、「信念の強さ」や「人を思いやる心の強さ」もテーマになっていると思う。 物語の終盤に向かって、こうした「強さ」が重要なポイントになるのだろうね、きっと。


*1 アニメを見たことはないのだが
*2 本/Fullmetal Alchemistに書いたとおり、アメリカではR指定なのだ。
*3 とにかく悪者は殺してしまう、というあたり、アメリカ映画って乱暴だよね。

FrontPage   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2007-08-15 (水) 22:37:28 (4331d)