工学部・水柿助教授の日常

著者
森博嗣
出版社
幻冬舎文庫

工学部の助教授*1が主人公のミステリ?

「ミステリ?」とクエスチョンマークを付けたのは、殺人や犯罪が起こり、それを主人公の水柿助教授が解決する、というスタイルではないからだ。 東野圭吾の『探偵ガリレオ』のようなミステリを期待してはイケナイ。

一方、アシモフの『黒後家蜘蛛の会』のような、日常的なささいなミステリめいた謎を題材とする話が好きなら、本書にはハマるかも知れない。 そういや、秘書の幸村さんの役どころがヘンリーみたいだねぇ。

(2007年5月22日読了)


*1 最近「準教授」という呼び方に変わった。

FrontPage   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2007-05-24 (木) 22:48:48 (4501d)