原子力神話からの解放――日本を滅ぼす九つの呪縛

著者
高木仁三郎
出版社
講談社(講談社+α文庫)

「安全神話」は 3.11 の福島第一原子力発電所の事故により葬られたが、じつは、ほかにも「神話」がある。

本書は、1999年の JOC「バケツで臨界」事故を受け、それらの神話を明らかにして「洗脳」から脱することを目指して記された、高木仁三郎(以下敬称略)の遺書である。

第1章 原子力発電の本質と困難さ

原発広報機関のサイトを見ると、「原子力発電は、最先端の科学技術の成果であり……」といった宣伝文句が並んでいる。 しかし実は、原子力発電の基本的な仕組みは「古典的」であると言える。

もちろん、核という扱いにくいモノを安全に閉じこめておくためには、様々な技術開発が必要であることはわかっているが、原理は古典的である。 何と言っても、戦後まもなくから原子力で発電できているのだから。

要するに、核分裂に伴う反応熱で水を温め、湯を沸かし、その蒸気でタービンを回して発電してるだけである。 原子炉から熱を取り出すところ以外は、火力発電やバイオマス発電や太陽熱発電と変わらない。

ただし、核反応をコントロールするのがとても難しいので、21世紀には盛んに使われるはずだった原子力は、発電と航空母艦、潜水艦くらいしか実用化されなかった。 ワシが子供の頃(大阪万博以前)の雑誌の記事によると、原子力旅客機や原子力ロケットが空を飛んでいるはずだったのだが……(たしか、『サンダーバード』にも原子力旅客機が登場したはずだ)。

そしてもちろん、放射性廃棄物の問題がある。 原子力は「本質的に扱いにくい技術」なので、それだけのリスクを冒す価値があるか、というところが重要となる。

第2章 「原子力は無限のエネルギー源」という神話

核燃料のウラン235は稀少である。 石油より早く枯渇する。

では、核反応の結果生じるプルトニウムを使える原子炉を作れば、エネルギー源としては無限に使えるか。

ところが高速増殖炉はナトリウム漏れを起こし、MOX 燃料の製造過程で臨界が起きてしまった。

第3章 「原子力は石油危機を克服する」という神話

3.11 の震災で原子力発電所が止まった後、電力不足を補ったのは、運転を再開させた火力発電所だった。 石油は化石燃料なので温暖化の原因であり、戦略物資であり、いろいろと不便はあるのだが、あっさり運転再開できるあたりは便利である。

石油危機は原発増設に利用されたのだろうか。 石油危機を克服するために、バイオマスや太陽熱、地熱の利用を促進する方向に、なぜ進まなかったのだろうか。

第4章 「原子力の平和利用」という神話

軍事利用と平和利用の境界線は、誰が、どのように引くのか?

核兵器級のプルトニウム(主成分プルトニウム239が90%以上)と原子炉級のプルトニウム(主成分プルトニウム239と241が60〜70%)は違う、原子炉級のプルトニウムでは原爆は作れないという神話。

ところが、IAEA の論文などによると、原子炉級のプルトニウムを使って核兵器を作るのは、ある意味で簡単なことらしい(中性子発生装置が不要なので)。

どうしても拭いきれない疑念として、原子力発電をなくしたくない人たちは、核兵器が欲しいのではないか、などと思えてしまう。 違うというなら違うことを(非核宣言するなどして)証明して欲しいものだが、証明してくれようがくれまいが、「核兵器に利用可能なプルトニウム」は作られ続けている。 それがテロリストや「ならずもの国家」の手に渡ることもまた恐ろしい。

第5章 「原子力は安全」という神話

原子力発電所だけに限って「安全にします」ということ自体が胡散臭い。 ウラン濃縮工場、燃料加工工場、再処理工場、輸送経路や保管施設、廃棄物処理場など、災害やテロに備えなくてはならないところが多すぎる。

第6章 「原子力は安い電力を提供する」という神話

これはもう、廃炉や廃棄物処理にかかるコストを上乗せしたら、原子力の方が電力費が高くなることが明白になってしまったので、神話ではなくなったね。

第7章 「原発は地域振興に寄与する」という神話

いちど原発を受け入れてしまった地域は、さらに多くの原発を受け入れないと、地域経済が成り立たなくなってしまうという。 「習慣性」があり「禁断症状」が出るのである。 これを高木は「麻薬効果」と呼んでいる。

金と雇用だけが地域振興なのだろうか?

ひとたび事故が起これば、原発受け入れ地区だけでなく、福島県浪江町や飯舘村のように原発に頼らずに地域振興を図っていた地域をも、ノーマンズランドと化してしまうのに。 不幸にして風下に位置していただけなのに……。

第8章 「原発はクリーンなエネルギー」という神話

発電の過程で二酸化炭素を排出しないことだけをもって、原発はクリーンである、地球を温暖化から救うという宣伝に騙されかけた人はどれくらい居るのだろうか。

現実にはもちろん、大量の核廃棄物を生み出す原子力が「地球に優しい」わけがない。

「顔が良いことだけが取り柄」とか「金を持っているから人が寄ってくるだけ」とかいったイヤな奴みたいだね。面倒見が良い人だと思ったら、実はヤクザだったとか。

第9章 「核燃料はリサイクルできる」という神話

プルサーマル計画座礁。 結局、リサイクルはできずプルトニウムがたまるばかりという現実。

第10章 「日本の原子力技術は優秀」という神話

「技術」だけをとってみれば、おそらく優秀なのだと思う。

しかし、実際に現場で作業する人たちまでその技術が浸透しているか?

JOC 臨界事故、3.11 以降の復旧作業における被曝は何を語っているか。

第11章 原子力問題の現在とこれから

第1節 原子炉の老朽化症候群

第2節 原子力産業の斜陽化症候群

第3節 廃炉の時代の諸問題

第4節 放射性廃棄物と余剰プルトニウム問題

原子力発電をやめたとしても、すでに大量の放射性廃棄物とプルトニウムがあり、既存の原子炉を廃炉にし続ければさらに大量の廃棄物が生じる。 それをどうするのか?

「神話」を流布し、自らファンタジーの住民になっているかのような人たちは、この責任をどうとるつもりなのか?

今後数万年にわたる後の世代に後始末を押しつけようなんて、あまりに無責任ではないのか?

ではいったい、どうすれば良いのか?

原子力から脱し、残された廃棄物を安全に管理し、平和な世界を作ることに「希望」を見出すべき、と高木は言う。 3.11 後の世界で足掻いているワシらには、なかなか希望を見出す余裕がないのだが。


FrontPage   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2011-06-30 (木) 21:48:39 (2916d)