犬を飼う

著者
谷口ジロー
出版社
小学館(小学館文庫)

カミさんが「お父さん、絶対泣くよぅ。もう、ボロボロ」と言っていたので覚悟して読んだ。 そりゃまぁ、胸に迫るものがあったが、同じ谷口ジローの『シートン』の狼王ロボの話を読んだときほどボロボロにはならなかった。

なんだか身につまされてしまった、というか他人事ではないなぁ、と思ったからかも知れない。

今は病気一つせず、元気に散歩に出かけるこんも、いずれは老犬となる。 駆けることや歩くことはおろか、自力で立つことも難しくなり、糞尿を垂れ流し、生かしておくことが良いことなのか悩むような状態になる可能性もある。

イヌとヒトの年齢換算表」によれば、『犬を飼う』のタムの享年である14歳は、ヒトでは72歳にあたる。 こんがこの歳になるのは2019年だ。 ワシもカミさんもそのころには還暦を過ぎている。 老人が老犬を看取る図になるわけで、気が重くなってしまった。

もっとも、気が重くなったのは一瞬である。 なでて欲しくてひっくり返って「降参」するこんを見ると、元気なうちに散歩や外遊びに連れ出してやらなくちゃね、と思うのだった。


FrontPage   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2008-03-25 (火) 23:29:28 (4101d)