犬も平気でうそをつく?

原題
How Dogs Think: Understanding the Canine Mind
著者
スタンレー・コレン Stanley Coren
翻訳者
木村博江
出版社
文藝春秋(文春文庫)

犬は考えるのか?

はっきり言って、「犬も平気でうそをつく?」という表題だけ見たときには、あまり買おうと言う気は起きなかった。 「愛犬のしつけに悩むあなたへ」という帯の文句と表紙のイヌの写真は魅力的だったが、最近、表題だけで売ろうとする本も多いからねぇ……。 しかし、原題が「How Dogs Think」で、著者が心理学者、拾い読みしてみたらユーモアを交えた真面目な語り口なので、ちょいと読んでみようか、と思ったのだ。

読んでみて、買って正解だったと思った。 イヌを飼っている人には、おすすめする。 コンラート・ローレンツの『人イヌにあう』を最新の知見でアップデートした感じでもある。

このところこんのしつけにちょっと悩んでいたのだが、イヌの育て方やしつけのハウツー本を読んでも、どうもしっくり来なかった。 そのわけが、本書を読んで判った。

本書では、イヌの生態や行動が、イヌの進化を背景に語られる。 イヌは「ヒトにより家畜化されたオオカミ」である。 家族を中心とする群れを作って草原に棲み、ハタネズミのような小型のげっ歯類からカリブー(トナカイ)のような大型の反芻(はんすう)類までを狩るハンター。 ハンターとして自然環境の中で育まれた特性と、ヒトによる育種の過程で伸ばされた特性について考えると、イヌを理解しやすくなる。

そうだねぇ。 「ペット」である以前に、家畜化された野生動物だからね、イヌは。 「愛犬をしつけましょう」的な本を読んでも、しっくり来ないワケだ。 それにワシこんを家族であると同時に、生物学的な観察対象として見ちゃってるしね。*1

イヌは考える、理解する、そしてウソをつく

イヌは、他者が自分とは独立して存在し、異なることを感じ、異なることを考える、ということを知っているようだ。 つまり、イヌにも「心の理論*2」が備わっているらしいのだ。

イヌは、少なくとも2歳〜4歳程度のヒトと同等の知能と心の理論を持つ、と考えて差し支えないと著者は言う。 チューリングテストの要領でヒトの子供とイヌの反応を観察すれば、それがイヌなのかヒトなのか区別がつかない。 ……したがって、もし「イヌに知能や精神なんてあるもんか」というのであれば、ヒトの子供にも知能や精神があるとは言えなくなってしまう、というわけだ。

ヒトとともに暮らすようになった草原のハンターは、進化の過程で培った知力と他者の心を推し量る能力を発揮して、ヒトの生活に潤いをもたらすものとなった。 ワシも思い通りにならないこんにイライラするのをやめて、思い通りにならないイヌの能力を、もっと楽しむべきなのかもね。

面白かった部分の抜書きなど

2 犬にとって尿は新聞がわり――犬の鼻の能力(p.50)より

ひと昔前には、犯人の皮膚からごく少量の血がしたたり落ちて、犬はそれを嗅いで追跡を行うと考えられていた。ブラッドハウンドの名前の由来もそこにある。現在の学者達は、犢き瓩箸爐佞鵜瓩噺討个譴襪海泙な皮膚細胞が、汗にまみれ、バクテリアの作用を受けて、人間の匂いを運ぶのだと考えている。人間の体は毎分五千万個の細胞を落とす。つまり垢が、目に見えないほどこまかな粉雪のように体から地面に降りそそいでいるのだ。生物学的匂いやフェロモンにたいして敏感な犬の鼻は、かんたんにこれらの垢を識別し、それを落としていった人間を追跡する。

粉雪のように降りそそぐ垢……。 人ごみを垢という視点から見ると、すごいことになっちゃうねぇ。 『もやしもん』にそんな描写があったねぇ。 ……おっと、イヌとは関係ないや。

3 犬には眼鏡が必要か――犬の眼の能力(p.86-87)より

そしてナイツとそのチームは、犬にはたしかに色が見えているが、その色数は人間よりずっと少ないと結論した。虹の色を紫、青、青緑、緑、黄色、オレンジ、赤と見るかわりに、犬は暗い青、明るい青、グレー、明るい黄色、暗い黄色(茶色に近い)、とても暗いグレーと見るのだ。言い換えると、犬は世界を基本的に黄色と青で見ている。彼らは緑、黄色、オレンジを黄色っぽい色として、そして紫と青をブルーとして見る。青緑はグレーに見える。赤は犬には見えにくく、非常に暗いグレーあるいは黒に近く感じられるようだ。

イヌは完全に色覚がないわけではないようだ。 そして、モノスゴイ近視ではない。 ヒトの視力に置き換えると 0.26 ……ワシの裸眼よりも良いね。 そして、動体視力が優れているので、遠くにいる鳥やイヌも発見できる。

7 超能力、じつは聴能力――犬に超能力はあるか(p.143-161)

地震を「予知」するのは、高周波を聞き取れるからではないか、という仮説が提示されている。 また、当然、超能力や霊能力には懐疑的だ。 留守番していたイヌが飼い主の帰宅を数分前に察知する能力も、「聴能力」による技か、あるいは飼い主や周囲の人の「確証バイアス」*3による迷信と考えた方がよさそうである。

10 聞き分けのいい犬、わるい犬――犬はどんなふうに学習するか(p.218)

古典的条件付けを応用して、多くの飼い主が頭をかかえる問題、すなわちだいじなものを犬が噛んでだめにしてしまう問題を解決することもできる。(中略)犬を呼び寄せて、あなたのそばに座らせる。(中略)そして彼が噛んだ物、あるいは噛んで欲しくない物を見せる。つぎに(妙な話に聞こえるだろうが)、犬の見ている前で、のほうを激しく叱りとばす。(中略)これは効果がある。ただし、なにも知らない人がそばにいるときは、しないほうがいいだろう。あなたがなぜ、犬の見ている前で靴を叱りとばしているのか、わかってくれる人はあまりいないだろうから。

こんが段ボール箱を噛み散らしたとき、実際に試してみた。 段ボールを蹴りつけ、なぐり、怒鳴りつけたのだ。

「こいつ、この段ボール、こんなんかに噛まれやがって!」

こんは大いに驚き、かたわらの床に伏せて首を縮め、耳を倒していた。 その日は一日、こんは段ボール箱に近寄りもしなかった。

……しかし数日後、こんはその段ボール箱を再び噛み千切り、中にしまってあったカミさんの大事な発掘報告書の背表紙を噛み破ってしまった。 ……う〜ん。やり方が手ぬるかったかなぁ。 でも、今度の相手は報告書かぁ。 床に叩きつけたりしたら、傷んじゃうしなぁ。

14 犬にも深刻な老化問題――犬に意識はあるか(p.287)

犬の一年を人間の七年にあたるという話を、聞いたことがあるかもしれない。これは実際には正しくない。最初の一年で、犬は人間が十六歳までに身に付けるような肉体的能力をすべてそなえる。そして思考のしかたも人間の十代とおなじ領域に入る。二年たつと、犬は人間の二十四歳と同じ段階に到達する。それ以降は、一年がだいたい人間の五年という割合で犬の肉体(脳と神経組織をふくむ)は変化していく。

……ということで、現在のこんは二十歳くらいか。 ただし、こんは避妊手術をしているので、標準的なイヌの発達に従っていないかも知れない。 二十歳にしては幼い、甘ったれのように思うのは、このような身体的な影響なのか、あるいは生まれ持った性格なのか……。

15 犬は人を犬だと思っている――犬に意識はあるか(p.321)

相手も自分とおなじように行動し考えるという前提に立って、相手の反応を予測するのは人間だけではない。私はこんな言葉をよく耳にする。「うちの犬は、自分を人間だと思っています」これはまちがいだ。犬は、私たち人間を犬だと思っているのだ。四本足ではなく二本足で歩く、妙な姿をした犬。犬的な行動に完全には反応できない、あまり頭のよくない犬。だが、犬と似た行動をすることも多いので、犬は自分たちとおなじ反応を予測して、人間とつきあうことができる。というわけで、犬は人間に対して擬犬化瓩鬚こなっているのだ。

イヌの行動を擬人化して考えちゃうのは、ヒトとイヌの行動に共通点があるからだ。 行動を観察して、その行動のもととなった感情や思考を推測しようとすると、「擬人化」になる。 一方、イヌのほうでもヒトを「擬犬化」して見ることで、ヒトの行動や思惑を推測しようとしているのだ。

ワシこんを見て「こいつは何を考えているのだろう」と思っているとき、こんのほうでもワシを見て「こいつは何をしたいのだろう」と考えているのだね。


*1 カミさんやムスメどもをどのように見ているか、についても推して知るべし。
*2 他者の心を推測する脳の機能。Wikipedia「心の理論」日経サイエンス2007年2月号「特集:ミラーニューロンと自閉症 自閉症の原因に迫る」などを参照のこと。
*3 自分の思い込み確認されたときだけを記憶し、外れたことを忘れてしまうこと。占いが当たるのは、当たったときだけを覚えている、という心理によるのだ。

FrontPage   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2007-01-28 (日) 10:05:15 (4621d)