憲法九条を世界遺産に

著者
太田光、中沢新一
出版社
集英社(集英社新書)

対談っていうのは、はじめ意図した方向と違うほうに話が行くから、まぁ、それがおもしろい場合もあるし、読んでいてオヤと思う場合もある。 この本の場合、オヤ? と思う場合が結構多かったかもね。

宮沢賢治の政治思想/平和思想のあたりはちょっと面白かったかな。 『グスコーブドリの伝記』や『なめとこ山の熊』などは好きなのだが、ときおり宗教臭いところがあって、宮沢賢治とはつい距離を置いてしまうので、読んでいない童話も多いのだった。

今日(2007年2月22日)の朝日新聞朝刊の記事の中で、高橋源一郎が本書に言及していて、ちょっとおもしろかった。 憲法九条と実際のこの国のスタンスは矛盾しているが、それはそれで人間的で良いのではないか、と。

「それは軍隊じゃないか」

と問われたら、

「こういうご時世なので、あくまで自衛のためです」

と言い逃れできる程度の軍備を保持しておき、

「もっと増強せよ」

と言われても

「いやー、憲法があるのでほどほどにしときます」

とのらくらし、

「海外に派兵して一緒に戦おうぜ」

と言われたら、

「いえいえ、憲法で禁止されているのでそれはできません」

とキッパリ答える。

……う〜ん。説得力があるかも。

憲法九条を変えちゃったら、もうこういう手が使えなくなるのだよね。


FrontPage   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2007-02-22 (木) 21:16:21 (4654d)