銀河ヒッチハイク・ガイド

原題
THE HICHHIKER'S GUIDE TO THE GALAXY
著者
ダグラス・アダムス
翻訳者
安原和見
出版社
河出書房新社(河出文庫)

映画『銀河ヒッチハイク・ガイド』の原作

映画はけっこう原作に忠実に作られていた。 もちろん、原作にあって削られたエピソード*1や、映画に付け加えられたエピソード*2もあったが。

先に映画を観たので、映像化が楽なので助かった。 先に映像を見てしまうと、自分の想像が型にはまってしまうようで嫌な場合もあるが、『銀河ヒッチハイク・ガイド』については、その失望感はなかった。

SFコメディというか、コメディSFというか。

あえて言えば、映画はSFコメディであり、原作はコメディSFである。 二つの単語を並べたら、後ろのほうが「強い」。 つまり、映画はSF仕立てのコメディであり、原作は笑わせられるSFなのだ。

映画は映像や俳優の演技のおかげで、SF的な風景や異星人の異質さを想像せずに楽しむことができる。 それに対して、原作を楽しむにはある程度、SFを読んできたというキャリアが必要だ。

例えば、サブイーサ・ラジオ局では、アナウンサーがこんなふうに挨拶する(132ページ)。

「宇宙のありとあらゆる知的生命体のみなさんこんにちは。そして知的でない生命体のみなさんもこんにちは。」

「この宇宙には、地球以外にも知的生命体が居るのだろうか」などということを考えたことがない人には、笑えまい*3

『銀河ヒッチハイク・ガイド』の惑星マグラシアに関する記述はこんな具合だ(155ページ)。

時のかなたにかすむ太古の時代、先の銀河帝国の大いなる栄光の日々、世界は荒々しく、豊かで、そしておおむね非課税であった。

勇猛果敢な時代、賭け金は高く、男は真の男であり、女は真の女であり、アルファ・ケンタウリの小さい毛玉生物は真のアルファ・ケンタウリの小さい毛玉生物であった。

「アルファ・ケンタウリ」と聞いて、太陽系から最も近い恒星(距離4.3光年)が思い浮かぶかどうか……というより、「先の銀河帝国」が今よりも発達していた、という「銀河帝国史観」が、SF好きかどうかのリトマス試験紙となるだろう*4

『銀河ヒッチハイク・ガイド』と Wikipedia

冒頭の7ページにこんな記述がある。

銀河の東外縁には、西側にくらべて肩の凝らない文明を発展させている星が多い。それだけに、すでにあの名高い『ギャラクティカ大百科』を押しのけて、『ヒッチハイク・ガイド』のほうがあらゆる知識や知恵の出典として広く認められるようになっている。欠落は多いし、いかがわしいとは言わないまでも、少なくとも大いに不正確な記述も少なくないのだが、古くて退屈な『ギャラクティカ』よりも二つの重要な点ですぐれていたからである。

どこかで聞いたようなハナシだなぁ、と思ったら、『ブリタニカ』と Wikipedia ではないか。 もちろん、『銀河ヒッチハイク・ガイド』は出版社が販売している本であり、専任の調査員がいるようだ。 それに対して Wikipedia は無料のWebコンテンツであり、ボランティアが運営している。

だが、何となく似ているよねぇ。 権威ある大百科事典*5よりも、現場の情報の集大成のほうが好まれる、ということを、ダグラス・アダムスは予見していたのだろうか*6。 なにしろ、こんな記述もあるのだ(199ページ)。

『銀河ヒッチハイク・ガイド』の編集方針にはまったく一貫性がなく、そのときどきの編集者が面白いと思ったというだけの理由で掲載された記事も少なくない。

銀河ヒッチハイク・ガイド』シリーズ


*1 陰気なロボットと会話したために自殺しちゃう宇宙船のコンピュータとか。
*2 トリリアンがヴォゴン人に拉致されるとか。
*3 笑えない人は、「知的でない生命体」に分類されるのだろう。
*4 アシモフの「銀河帝国興亡史」シリーズやニーヴン&パーネル『神の目の小さな塵』を参照のこと。
*5 ちなみに『ギャラクティカ大百科』はもちろん、アシモフの『銀河帝国興亡史』三部作(ファウンデーション・トリロジー)に登場する『エンサイクロペーディア・ギャラクティカ』だね。こういうとこも、SF読みには堪らないねぇ。
*6 原書は1979年発行である。

FrontPage   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2008-05-13 (火) 21:18:50 (4113d)