銀の匙 Silver Spoon

著者
荒川弘
出版社
小学館(少年サンデーコミックス)

1

帯などに掲載される紹介文風に書くと、こんな具合か。

進路を見失い、進路指導の教諭のすすめで大蝦夷農業高校酪農科学科に入学した八軒勇吾が出会う人と動物たち、そして食。『鋼の錬金術師』の荒川弘が自身の高校生活の経験を元に描く、青春物語。

高校「普通科」を卒業した人からするとビックリ仰天の学園生活だろうが……。

ワシは普通科を卒業して農大に入ったので、大学に入ってから似たような目に遭った。 農業高校の出身者もたくさんいたのだが、そいつらの知識がえらく偏っていたのだ。 英語や数学はサッパリなのに(統計学なんか何人に教えたことか)作物学や蔬菜園芸学の知識はなかなか追いつけないくらいなのだ。

その秘密は、本書にも描かれている分厚い教科書と現物教育である。 大学生協の書店で農業高校向けの「作物」の分厚い教科書を買って勉強してから専門書を読むと、まぁ、よくわかること。 「普通科」って、いったい何が「普通」なのだろう?

1巻目では、出てくる人はみんな善い人。 八軒は悩みを抱えているが、悲惨な事件は起きない。

……善い人なんだけど、変な人ばかり。 『動物のお医者さん』や『もやしもん』の高校版といった感もある。

さて今後、八軒は何と出会い、何を学び、どこへ向かって進むのだろうか。


FrontPage   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2011-07-19 (火) 21:39:51 (2984d)