巨大津波は生態系をどう変えたか

著者
永幡嘉之
出版社
講談社(講談社ブルーバックス)
出版社
講談社(ブルーバックス)

虫の目、草の目から見た津波の記録

自然写真家の著者が震災直後から調査した、海辺の生物の変容の記録。

人災!

東日本大震災の津波によって、東北の海岸付近の生態系は大きな被害を受けた。

しかし、絶滅を危惧されるトンボなどの生きものたちは、じつは津波のために消えてしまったわけではない。

津波以前に、開発といういわば人災によって、生息地は分断され、限られた場所で細々と生き延びていた。

そのわずかに残された避難場所が根こそぎ流され、あるいは海水が浸入し、外来種に占拠されてしまった。

いかに「復興」するのか。

人の暮らしの復興を優先するため、防災施設や大規模な(人工的な)公園を作ることが、「ふるさと」の「復興」になるのか。

外来種や通過するだけの渡り鳥や昆虫などの「見せかけの自然」ではなく、その地域本来の生態系を復活させることは可能なのだろうか。


FrontPage   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2012-09-19 (水) 21:56:44 (2558d)