鬼灯の冷徹

著者
江口夏実
出版社
講談社(モーニングKC)

『鬼灯の冷徹』第6巻を読んで感心したこと

『鬼灯の冷徹』は、地獄の官吏にして閻魔大王の補佐官である鬼灯(ほおづき)とその周囲の人々……というか鬼とか神とか獣とか怪物とか妖怪とか……の日常を描くマンガである 。 下のムスメが単行本を買ってきて、面白がって読んでいるので、借りて読んでみた。 地獄はなじみのある概念だが、その詳しいところ……六道とかその沙汰とか、地獄における鬼の役割とか……は、はっきりわからない。 このマンガは、そのあたりをキッチリ教えてくれる。

もちろんマンガであるからギャグも混じるし、ホラも含まれるが、もともと地獄とか極楽とかは想像上の世界であるから、それ自体がホラみたいなもんだしね。

絵はうまいんだかうまくないんだか、横顔なんかデッサンが狂っているような気もするが、内容がおもしろいので許す。 とくに今回の6巻で感心したのは、次の2点だ。

クラークの第3法則

コノハナサクヤヒメのおなかの子供が本当に自分の子なのか証明する方法がない、というニニギノミコトに対し、鬼灯はこう言うのだ。

「まぁ遠い未来 体の記録情報を読み取ってバッチリ親子関係がわかる驚きの技術が開発されると私は踏んでますがね」

DNA鑑定である。

「十分に発達した科学技術は魔法と見分けがつかない」というクラークの第3法則だね。

鬼はなぜか天然パーマが多い。

ということで地獄の職員食堂で鬼たちが天然パーマの悩みを語っていると、「そんな悩み、贅沢三昧ですよ」とスキンヘッドの鬼がやってくる。

その角が長いのである。ヤギかカモシカか、という感じなのだが、その鬼はこう言うのだ。

「現世の神社とかで鬼の骨なんかが納められていることがあるけど……(鬼の頭骨の図)こうだったら毛があった時、角見えてないはずだぜ」

頭の骨のでっぱり程度の角ならば、天然パーマから突き出すはずもないからね。

そうかぁ。そういやそうだよなぁ。 鬼の角はけっこう長いのかぁ。

そういえば動物の角はどうだろう? けっこう長いのだけれど毛がふさふさでちょっとしか見えない、なんていう動物はいるだろうか。

だが、角のある動物の頭の毛は、どれも短い。 シカにしろカモシカにしろウシにしろヤギにしろ、天然パーマのごときふさふさ頭ではない。 アルパカとかアンゴラウサギとかには、角がない。

角を武器として、あるいはセックスアピールの道具として使う以上、ふさふさの毛で隠してしまっては意味がないよねぇ。

羊には角があり毛がふさふさだが家畜だから、角は武器でもセックスアピールの道具でもないからなぁ。


FrontPage   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2012-08-26 (日) 22:22:37 (2548d)