鴨川ホルモー

著者
万城目 学
出版社
角川書店(角川文庫)

陰陽師の世界が現代に侵入?

北の玄武、南の朱雀、西の白虎、東の青竜。 陰陽道における四方位を名乗る若者達の集団が、千匹の式神――あるいはオニ――を率いて闘う。

……なんていうふうに書くと純然たるファンタジーだが、現代の物語である。 若者達は皆、大学生。 京都の四つの大学サークルが、「ホルモー」という「競技」を競う。

……というふうに書くと、単なる青春モノである。 だが、その両方なのだ。

純でバカな青春物語

とにかく、純でバカでパワフルなのである。 といっても、ヤンキーもののような迷惑な馬鹿騒ぎではない。

そこはそれ、教養のある真面目な大学生が真剣にバカな、というか自分たちでも理解できていない不可解な競技に挑むのである。

自分の大学生のころを思い出してしまった。 何だか訳が解らないまま、真剣に考え、議論し、無駄なパワーを費やして山を駆け回ったり畑を耕したりサンプルを刻んだりしていたものだ。

ホルモーとは何か

千年も続いているらしい、謎の競技「ホルモー」。 なぜそんな競技があるのか、そしてオニとは何なのか、それについては追求されない。 SFじゃなくてファンタジーなのだから、まぁ当然か。 でもコメディーだから許す。

主人公の安倍が考えるように、人間の若者がオニを操っているようでいて、実は何者か(八百万の神か何か?)にゲームをさせられているのかも知れない。

まぁ、ワシとしては「偶然」に小突かれながらも自由意志で生きていると思いたいけどね。


FrontPage   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2009-04-26 (日) 23:06:27 (3766d)