楽園の泉

著者
アーサー・C・クラーク
翻訳者
山高昭
出版社
早川書房(ハヤカワ文庫)

先週土曜日に上のムスメとCD屋兼本屋へ行ったとき、アーサー・C・クラークの『楽園の泉』がハヤカワ文庫で再版されているのを見つけた。 レムの『砂漠の惑星』もそうだったが、古いSFを大きな活字で読めるのは嬉しい。 『楽園の泉』は最初、単行本で買ったのだが、本の置き場に困って古本屋に売ってしまい、そのうち文庫本を買って再読したいと思っていたので、非常に嬉しい。

……というわけで、土日で読了。

「巨匠最後の三部作」と銘打って、『楽園の泉』『宇宙のランデブー』『地球帝国』が相次いで刊行されたのは、もう30年ほど前のことになる。 したがって、クラークの描く近未来世界のテクノロジーの「前提条件」も大きく変わってしまった。 21世紀後半、地球で最初の宇宙エレベーターが建設されるまでを描いた『楽園の泉』に限って見てみよう。

宇宙エレベーターのケーブルは無重量の環境で製造される「擬似ダイアモンド」で作られることになっている。 いまなら、宇宙エレベーターのケーブルの素材として、カーボンナノチューブが使われるだろう。 カーボンナノチューブを使えば、現在の技術でも宇宙エレベーターを建設することが可能らしい*1

地球規模のネットワークが実現していて、気になるニュースをキーワードで拾い出す、というサービスが登場する。 これは、21世紀後半を待つまでもなく、現在でも実現してしまっている。 クラークは、ネット上で個人を特定して連絡をつける(グリーティングカードを送ったりする)というエピソードを描いているが、これはむしろ難しいことになってしまった。 ネット上のプライバシーやセキュリティ、スパムやウイルスがこれほどの問題になることは、家庭のコンピュータの大部分がスタンドアロン(ネットワークされていない)ものであった時代には、想像できないことだった。

例によって、クラークの世界は平和である。 世界連邦が実現していて、地域紛争もないようだ。 「テロとの戦い」や「核の拡散との戦い」や「軍事力の拡大」が21世紀に入っても続いていることは、なんとなく情けない。

クラークの描く楽園のような未来を手に入れることは難しいだろう。 しかし、せめて、ワシが生きているうちに、静止軌道へと伸びる塔や地球の赤道をとりまくリングを見上げ、そしてそこから地球を見下ろすことができないものだろうか。


*1 詳しくは、サイエンスライター金子隆一による巻末の解説を参照のこと。

FrontPage   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2006-11-21 (火) 21:35:02 (4688d)