街角のオジギビト

著者
とり・みき
出版社
筑摩書房

工事現場で見かけるヒトビト

工事現場の看板に描かれた、頭を下げる人物の絵。 その収集・分析の集大成である。

オジギビト進化論

いろいろなオジギビトを観察していると、似ているようでいて少し違うなぁ、と思うときがある。 看板を製作するときにコピーミスが生じ、そのミスが累積されて異なる形態に変化していく。

これはまさに、生物の進化と同様である。

ということから、著者はオジギビトの進化論を展開し、系統樹を描こうと試みたりしている。

さて、「オジギビト進化論2」(61ページ)では、交通標識でも同様の進化が起こっていると指摘されている。 ウチの近くにも、そんな「進化した標識」があったので、写真を載せておこう。

平日は歩行者専用になることを示す標識

進化した挙げ句、ヘルメットをかぶった大きな宇宙人*1と頭にアンテナのある小さな宇宙人の二人連れのようになってしまっているのだった。

二人の宇宙人

*1 頭の両側がとんがっているのは、ヘルメットじゃなくて耳とか触角とかなのかも?

FrontPage   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2008-09-28 (日) 22:42:18 (4092d)