科学的とはどういう意味か

著者
森博嗣
出版社
幻冬舎(幻冬舎新書)

科学から目を背けると、損ですよ

工学部・水柿助教授の日常』の著者、森博嗣は、『φは壊れたね』などのミステリ小説家である。 アニメ化された『スカイ・クロラ』などからは、機械好き、模型好きであることが見てとれる。

その著者が、「科学離れ」や科学的プロセスを結論だけを求める風潮、「言葉」だけですべてを処理してしまう傾向、その危険性を指摘するために書いたのが本書である。

だから、この本に書いた意見は、「これで科学を好きになってほしい」「少しでも興味を持ってもらえれば嬉しい」ということではない。「科学から目を背けることは、あなた自身にとって不利益ですよ」そして「そういう人が多いことが、社会にとっても危険だ」ということである。

第1章 何故、科学から逃げようとするのか

どうして文系と理系という分類ができてしまうのか、そして「言葉」によって思考停止してしまう危険性について。

「言葉」の危険性について、「津波」という名称を挙げている。 「津波」は、風によって起こるふつうの「波」とはまったく異なる現象だからだ。

2011年3月11日の津波の映像を見ていて心底怖ろしく感じたのは、その膨大な量と力だった。 あれは「波」ではない。 地震の原因となった海底プレートの撥ね上がりによって持ち上がった「海」である。 その巨大な質量の海水が押し寄せたのだ。

高波なら止められる防波堤であっても、津波という名の「大量の海水」は、防波堤を乗り越え、あるいは押し倒して進んで行く。

もちろん、押し寄せる「水量」を「高さ」で論じるには基本的に無理がある。「何メートルの高さの津波」になるのかは結果論であり、どんな状況でどんなものに当たったのかによって、どこまで上がるかが決まるのだ。

こういった基本的な道理を理解していれば、「10メートルの防波堤」があれば「5メートルの津波」が来ても百パーセント大丈夫だとは考えないはずである。言葉だけで知っている「過信」というものの危険性がここにある。

第2章 科学的というのはどういう方法か

科学とは「誰にでも再現ができるもの」であり、情報を公開し、他者が確かめることができてこそ研究なのである。 アマチュアの研究者でも科学的な貢献できるのはそのためだ。

このように、科学というのは民主主義に類似した仕組みで成り立っている。この成り立ちだけを広義に「科学」と呼んでも良いくらいだ。

カール・セーガンも『人はなぜエセ科学に騙されるのか』に「科学と民主主義は相性が良い」と書いていた。 誰か「偉い人」が言ったことが正しいのではなく、たくさんの人が確かめてみて「本当らしい」ことが「確からしい」こととして認められるのである。

第3章 科学的であるにはどうすれば良いのか

「思い込み」や「割り切り」や「単純化」を廃し、「疑問を持つ」こと、「質問する」こと、「問題を見つける」こと。

第4章 科学とともにあるという認識の大切さ

言葉を鵜呑みにせず、人に合わせて信じないこと。

たった10センチ程度浮かび上がることができる超能力者を(写真を見ただけで)信じてしまった若者たちが大勢いた。東京大学に入学するような優秀な人間でも、あっさり鵜呑みにしてしまったのである。そして、この危険性は今も、ほとんどすべての人にあるのだ。

いくら「お勉強」ができても、非科学的な人はいくらでもいる。 物理学や化学の博士課程に進んでいても、非科学的な超能力とか「国体」とかを信じている人がいる。

著者は、人が何を信じようが勝手だと考えていて「微笑ましいレベルの非科学」については非難するつもりはない、と言う。

重要なことは、それが「非科学的」なものだと、それぞれが自覚することである。

んー、ここのところは、難しいかもねぇ。 「非科学的」だと自覚しかけると、科学的な(感じのする)理屈を付けようとしたり、怒り出したりする人が多いように思うなぁ。

原子力発電の安全神話」なんかも、そういう非科学的思い込みの類ではあるいまいか。 これは微笑ましいレベルをとっくに超えていて、「最悪の惨事」をもたらし(これも「言葉」だけど)、多くの人々を不幸にしている。

科学の存在理由、科学の目標とは、人間の幸せである。したがって、もし人間を不幸にするものがあれば、それは間違った科学、つまり非科学にほかならない。そして、そうした間違いを防ぐものもまた、正しい科学以外にないのである。


FrontPage   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2011-07-19 (火) 23:24:51 (2951d)