永遠の0(ゼロ)

著者
百田尚樹
出版社
講談社(講談社文庫)

なぜ祖父は特攻隊に志願したのか

26歳フリーター(司法試験浪人)の健太郎が、ジャーナリストを目指す姉とともに、顔も知らない祖父が、なぜ特攻隊に志願し、若くして死んだのかを探る。

そのため、祖父を知る戦友を探すのだが……。

戦友会は海兵団の同期組のものもあれば、航空隊や航空母艦が一緒だった隊員の集まりもあった。ただ戦友会も会員の高齢化に伴い、この数年、多くの会が解散しているということだ。今まさに戦争経験者が歴史の舞台から消えようとしているのだった。

戦後60年余、戦争を経験し、「あんな戦争はもうご免だ」と言ってくれる人たちが消え去ったとき、「平和ボケ」*1の「戦争バカ」*2がのさばってくると困るよなぁ、と思う。 太平洋戦争があんなに悲惨なことになった原因の一つが、当時の「前線を経験していないキャリア軍人」「責任逃れの得意な官僚体質の軍人」の存在だからね。

それはさておき、健太郎が最初に話を聞いたのは、祖父・宮部久蔵とともにラバウルでパイロットをしていたという元海軍少尉の長谷川だった。

長谷川は開口一番、「宮部久蔵は何よりも命を惜しむ男だった」と言う。

優れた技量のゼロ戦(零式艦上戦闘機)のパイロットでありながら、進んで戦闘に加わることを避け、生きて帰ることを最優先した……。

長谷川に「臆病者だった」と言われる宮部久蔵は、なぜ特攻隊に志願したのだろうか?

太平洋戦争概略史

さまざまな「戦友」から話を聞くうち、真珠湾攻撃から終戦までの太平洋戦争の概略が見えてくる。 「生きている目撃者・経験者が語る」という体裁をとっているため、通史を読むよりもはるかにわかりやすい。

ワシの世代は戦後生まれとはいっても、太平洋戦争を含む第二次世界大戦の概要を知っているほうだと思う。 親*3から戦争の話を聞くことも多く、そのせいか戦記を読んだりドキュメンタリー番組を見たりしてきたためかも知れない。 何しろ、白黒テレビで『コンバット』を見ていた小学生のときから、「あいつら(アメリカ兵のこと)は、日本の敵だったんだ」なんてことを父親から聞かされてきたのだ。

現在、第二次世界大戦では日本はアメリカと一緒にドイツと闘ったと思っている大学生もいるそうだ。 そういう若者でも、すんなり読めて、戦争の推移が理解できるだろう。

オヤジの涙腺の敵!

元軍人の老人たちが語るという形式をとっているせいか、フィクションではなく、ドキュメンタリーのようである。 ワシの父親(あと1歳上だったら、予科練に志願していたそうだ)よりも少し上の世代だから、その語り口や思考パターンは、なんとなくわかる。

読みながら、もう涙腺がゆるみっぱなし。 二晩で読み終えたのだが、夜になってから勉強に本腰を入れるムスメどもに、鼻水をすする音がうるさい、ウザイと言われてしまった。 この本は会社で昼休みになんて、絶対に読めない。

参考


*1 戦争を知らない世代は、みな「平和ボケ」と言われても仕方がない。問題は、戦争の実態を知ろうと思っているかどうか、ではあるまいか。
*2 ぶちまけられた自分はらわたを見ながら死ぬ可能性に思い至らずに、戦争を美化する連中のこと。
*3 父親は空襲を体験していて、もう少し戦争が長引いたら少年兵として志願していたという。

FrontPage   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2010-07-22 (木) 23:46:26 (3252d)