宇宙創成(上・下)

原題
Big Bang
著者
サイモン・シン
翻訳者
青木薫
出版社
新潮社(新潮文庫)

ビッグバン宇宙論が確立されるまで

フェルマーの最終定理』、『暗号解読』のサイモン・シンによる科学ノンフィクション。

宇宙はどのような姿をしているのか? 宇宙はどのように始まったのか? その謎を探求してきた科学者達の挑戦を描いているが、単なる探求・発見・解明の科学史ではない。 サイモン・シンのこれまでの著作同様、人間味あふれるエピソードに満ちている。

定常宇宙論のフレッド・ホイル*1にページを割いているのが意外なようだが、じつは「ビッグ・バン」の命名者はホイルなのだ。 「宇宙は大爆発で始まった」とするガモフらの仮説をコケにするために「ビッグバン理論」と呼んだら、それが定着してしまったのだった。 おまけに、ホイルは重い元素の形成過程を解明することによって、ビッグバン宇宙論の穴を埋める羽目になったそうだ。

……という具合で、「これが主流の理論で、このように成立した」というような無味乾燥な教科書的な科学史ではないである。

「科学的方法」の物語

訳者があとがきに書いているように、本書の真の主人公は「科学的方法」である。 「自然をより適切に説明する方法」を探究するのが科学で、「説明」=「仮説」を立てては、検証して捨てて行くことこそが科学的方法である。

例えば、地球が宇宙の中心にあって不動であり、太陽も惑星も地球の周囲を回っているとする天動説。 義務教育やSFマンガのおかげで、現代の日本人なら誰でも天動説が「間違っている」ことを知っている。

だが、日常目にする天体の運動を説明するには、天動説で充分なのである(上巻56ページ)。 自分が立っている大地がくるくる回っているなんて、直感に反するからね。

注意深い(というか執念深い?)人なら、天動説では惑星の運動(逆行)の説明に苦労することに気付くだろうが、それも「周転円」という概念を導入すれば、なんとか説明できる。

しかし、望遠鏡で木星の衛星や金星の満ち欠けを見てしまうと、天動説を捨てざるを得ない。 どんなに直感に反しても、地球が高速で運動している、という仮説を受け入れなくてはならないのだ。

天体望遠鏡から分光計、電波望遠鏡、宇宙天文台……という具合により遠くを、より広い視野(というか不可視の領域というか)を眺める道具によって、新しい仮説が提唱されては検証され、あるものは捨て去られ、あるものは古い仮説に取って代わる。

そうやって次第に、より確からしい自然の姿が明らかになっていくのだねぇ。


*1 『アンドロメダのA』『10月1日では遅すぎる』などのSFも書いた、あのホイルである。インフルエンザの彗星起源説とか、突飛な仮説を提唱することでも知られている、じゃない、いた、だね。2001年死去。

FrontPage   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2009-04-05 (日) 23:49:59 (3819d)