宇宙戦争

原題
The War of the Worlds
著者
H. G. ウエルズ
翻訳者
斉藤伯好
出版社
早川書房(ハヤカワ文庫SF)

映画『宇宙戦争』の原作

1953年の映画『宇宙戦争』、2005年の映画『宇宙戦争』の原作で、1898年の作品である。 19世紀末のビクトリア朝のイギリス、シャーロック・ホームズ(というか、コナン・ドイル)と同時代、ライト兄弟が空を飛ぶ前に書かれた「諸世界の戦争」*1の話だ。

ハヤカワ文庫版の『宇宙戦争』には、アーサー・C・クラークの序文が載っている。 これがまた面白いのだ。 例えば、次のような具合だ*2

この驚くべき小説には機械化された戦争の風景や、それが都市に与える衝撃がまざまざと描かれている。(中略)ウエルズがこの小説を書いたのは、第一次大戦以前……それどころかボーア戦争よりも前だ*3。人々が火星人の襲撃を逃れようとして群れをなしてロンドンから脱出するくだりなどは、刊行当時の平和で上品なビクトリア朝末期には、むしろ非現実的な光景と感じられたに違いない。だが、現代のわれわれは、すでに歴史上の事実として難民を知っており、毎日のように〈衛星中継〉と文字の入った画面を通して、自宅にいながら遠い国の難民の様子を()の当たりにする。

現在、火星対地球ではなく、地球上の諸世界(「国」ですらない)の戦争が止むことなく続いている。 殺人光線(放射線)や毒ガスが現実に市民に対して用いられたり、都市が焼き払われたり、田園風景が穴だらけになったりする光景も「見て」知っている。

何を考えているか判らない火星人より、何を考えているか判らない地球人のほうが恐ろしいよね……。

40年ぶりの再読?

小学生の高学年のころだったか、子供向けの本で読んだ記憶がある。 四捨五入すれば40年ぶりに火星人の襲来のさまを(読書として)体験した。

やはり子供向けの本では、残虐な描写が省かれていたようだ。 タコのような火星人の不気味さと、強力なマシンに対する無力感だけが記憶に残っていた。

ところがウエルズは、火星人とその襲撃の描写と同じくらい、逃げ惑い凶暴化する人々の描写にページを割いている。 語り手である主人公(とその弟)自身も、衝動的に乱暴になったり、裏切ったりしている(後になってからくよくよと後悔するのだが)。 ウエルズは、攻撃的な異星人の襲来のような、抵抗できない破滅的な状況を前にしたとき、人間性がもろく崩れ去るのではないかと考察したわけだ。

さて、現実の現代のわれわれはどうだろう? 

大災害やテロの際、人間的*4な行動がとれているだろうか?

火星人壊滅の原因

映画や小説を読んだ方はご存知の通り、火星人は地球の細菌に対する免疫がなく、そのために地球の征服は頓挫してしまう。

わたしは土塁の上に立ち、要塞の中を覗きこんだ。恐ろしく広い穴だ。巨大なマシーンがあちこちに転がっており、山積みの戦闘資材もある。避難所としても使われていたようだ。ひっくりかえった戦闘マシーンや、停止したままの工作マシーンの中に、硬直して横たわる火星人たちの姿があった。どれもこれも死体ばかりだ! しかも、すでに腐敗が始まっている。病気なのか? 細菌のせいか?……ああ、そうか! あの赤い草*5と同じように、地球の細菌に対する免疫がなかったせいだ。人類の英知を結集しても倒せなかった火星人が、賢明なる神が地球上に置かれた、こんなちっぽけなものに命を奪われたのか。*6

しかし、考えてみると「火星人の持ち込んだ細菌に、地球の生物がやられる可能性」もあったはずだ。 火星人は物理的・化学的な兵器を用いて地球人を狩ったが、生物兵器を用いても良かったはずだ(地球人からすれば、なお良くないけど)。

『宇宙戦争』の273ページには「火星には細菌がいない」と書かれている。 火星の「神」は細菌を創らなかったのかなぁ、なんていうふうにツッコミを入れてみたくなるが、それはさておき。

火星の生態系がどのようなものかは、この小説からは読み取れない。 「万物の霊長」である火星人と、火星人に食物として血液を提供する地球人に似た二足歩行動物(の死骸)、それに何種類かの「赤い草」が描かれているだけである。

だが、食物連鎖があり、動植物が死んだり排出物を出したりする以上、それを無機物に分解する生物(すなわち細菌)がいるはずなのだが。 いや、「細菌がいるはず」と思ってしまうこと自体が、地球中心の生物観なのかも知れない。


*1 原題を直訳するとこうなる?
*2 最初の人工衛星が打ち上げられるより前に、クラークが静止衛星を用いた全地球的な中継ネットワークを提唱したことを念頭に読むこと。
*3 日本人にとっては「日露戦争より前」と言ったほうが解りやすいかも。
*4 良い意味での「人間的」ってこと。ともすると「人間的」とは金銭などに対する欲望を優先して信頼関係や自然環境を破壊することを指したりするからね。「野獣」のほうが「人間」より「人間的」ってこともあるし。
*5 火星から火星人が持ち込んだ植物のこと。
*6 原文で傍点を振られた文字を、ここでは太字で表した。

FrontPage   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2009-04-25 (土) 16:25:44 (3766d)