宇宙家族ノベヤマ

著者
岡崎二郎
出版社
小学館

宇宙からの呼び声

1960年、地球外文明が発信する電波を探そうと電波望遠鏡をくじら座タウに向けたとたん、宇宙からのメッセージを受信してしまう……。 ……ということは、このマンガは、ワシらの住んでいるこの世界の話ではないのだね(平行宇宙――パラレルワールド――というやつだ)。

メッセージの中身は、宇宙には生命が満ちていること、そしてスターゲートを抜けて他の文明と接触できること。 そこで、人類は6機の宇宙船を建造し、銀河宇宙へと旅立つこととなった。

で、どうして「家族」になっちゃうのかというと……

宇宙からのメッセージが到達し、それを受けて地球人が旅立つ、という設定は、これまでもいろいろなSFで描かれている。 セーガンの『コンタクト』やヴァーリィの『へびつかい座ホットライン』、マンガでも星野之宣の『2001夜物語』にそういうエピソードがなかったっけ?*1

ところがやっぱり、岡崎二郎である。 いかにもハードSFという設定に、ほのぼのとした家庭的雰囲気が侵入してくるのだ。

地球外文明と接触する人間は、特定のDNA配列を持つ「メッセンジャー」と定められていて、それが日本人の中では野辺山家の長男、8歳の翔太だった。 部長補佐に昇進したばかりの野辺山雄一は息子を一人で送り出すべきか悩むが、結局、妻と中学生の娘を連れて宇宙へと旅立つのである。

例によって、家庭内でのゴタゴタやら生命の危機もサラッと切り抜けてしまうところなど、岡崎節と言ってよいだろう。 コンピュータのインターフェースも例によって間が抜けているし*2

地球外文明との出会いの向こうにあるもの

じつは岡崎二郎は、よく考えるとゾクっとするようなビジョンを提供することがある。 『アフター(ゼロ)』などでは人類を何回か絶滅させているし、『国立博物館物語』も最後にはるかな未来、人類の知りえない光景を見せる。

『宇宙家族ノベヤマ』も、キャンピングカーの代わりに宇宙船に乗って旅するロードムービー的な雰囲気とは裏腹に、先へ進むにつれて大きな謎を抱えるようになる。

メッセンジャーの使命は何なのだろう?

地球近傍のスターゲートを抜けた先にあった、うしかい座ネッカル第6惑星の文明は何故滅んだのだろう?

友好的な惑星ルゴウフのラフクフラクフラは、何か隠れた目的を持って、メッセンジャーたちを招いているのだろうか?  高圧的だったグアラガン人がラフクフラクフラの名を聞いた途端に動揺したのはなぜか?

「戦争やってるくらいの方が、より良く文明を進歩させられるんですよ」というチクチルン文明圏のナンボッゴが語る話は信頼できるのか?

さて、岡崎二郎は優れたショート・ショートを描くが、遠大なストーリーを持った作品は初めてではないだろうか。 第2巻以降、いったいどのように展開していくのか……。

SF的な仕掛けについて

スターゲートによる恒星間旅行

野辺山家の乗り組む核融合推進船「イカルガ」は、「恒星間宇宙船」ということになっているが、実際には恒星と恒星の間を旅するだけの能力がない。 スターゲートのような便利なショートカット航法があると、惑星間航行に耐えうる宇宙船があれば、他の恒星系を訪れることが可能になってしまうからだ*3

スターゲートというショートカット(恒星間ジャンプ)システムがあるおかげで、宇宙船は光速の何パーセントとかいう相対論的な速度を出す必要もないし、ウラシマ効果を気にする必要もない。 ウラシマ効果によって5年の旅が地球では数百年に当たる、なんてことになると、家族でホイホイ出掛けて行けないからねぇ。

航空宇宙機

「イカルガ」にはEVA(船外作業)用のスペース・ポッドのほか、惑星降下用のシャトルが搭載されている。 このシャトルがただものではない。 惑星に降下するだけでなく、自力で上昇してくることもできる(のだろう、たぶん)。 それに、宇宙空間でのドッグファイト(戦闘機による格闘戦)もやってしまうのだ。 単なるシャトルではなく、大気圏内・大気圏外のどちらでも飛行可能な航空宇宙機なのである。

ただし、さすがにSFマンガであるからして、スターウォーズのXウイング・ファイターなどとは異なる「真面目な」飛び方をしている。 宇宙空間で進行方向を変えるとき、側方にバーニア(姿勢制御ジェット)を噴射している様子が描かれているのだ。

ブラックホールからエネルギーを引き出す

メラク星系のグアラガン人は、高速回転するブラックホールから無尽蔵のエネルギーを得ている。 すべての物質を引き寄せては飲み込み、光すら脱出できない重力の地獄であるブラックホールからエネルギーを引き出すことなどできるのだろうか?

……できるのである。 ブラックホールの解説書には必ず書かれているし、シェフィールドの『マッカンドルー航宙記』やニーヴンの『太陽系辺境空域』のように、ブラックホールの利用をテーマにしたSFもある。 とくに『マッカンドルー航宙記』の解説が判り易いと思う。

簡単に説明すると、回転するブラックホールに粒子(物質)や電磁波を送り込むと、もともと持っていた以上のエネルギーを得て出てくるのである。 もちろん、エネルギーが無から生じたわけではなく、ブラックホールの角運動量が失われ、その回転がごくわずかに遅くなるのだそうだ。

さっきブラックホールからは光すら脱出できないと言ったじゃん、無理無理、と怒られそうだが、回転するブラックホールには二つの表面があるから可能なのだそうだ。 ゆで卵を思い浮かべてみよう。 殻をむいたゆで卵には、二つの表面がある。 黄身の表面と、白身の表面だ。 黄身の表面が、ブラックホールの事象の地平線に当たる。 この宇宙の境界線であり、事象の地平線の向こうに落ち込んだら光でも出て来れない。 一方、白身の表面は無限赤方偏移面と呼ばれる。 ブラックホールの外から見ると、ブラックホールに落下する物体の時間が遅くなり、物体から放出される光が無限に赤方偏移する場所だそうだ*4。 白身の部分は、ブラックホールに仕事(エネルギーの放出)をさせることができる領域なので、「エルゴスフェア」と呼ばれている。

『宇宙家族ノベヤマ』のスターゲートも、回転するリング状のブラックホールだからエルゴスフェアを持つ。 したがって、そこからエネルギーを取り出すことができるはずだ。 もちろん、エネルギーを取り出し続ければブラックホールの回転が遅くなり、エルゴスフェアが消滅してしまうだろう。 そしてまた、スターゲートとしても機能しなくなる。 ブラックホールと言えども天然資源であり、浪費すれば枯渇するのだ*5


*1 クラークの『2001年宇宙の旅』……は逆に月から発信されたメッセージを追いかけていくけど。
*2 (スケ)(カク)八兵衛(ハチ)なんて名前だし。
*3 この点についてはニーヴン&パーネルの『神の目の小さな塵』(および続編の『神の目の凱歌』の付録)で指摘されている。スターゲートあるいはワームホール、超空間、ハイパースペースといったショートカット・ルートを利用していると、恒星間の深遠、通常空間の謎については何も知りえないのだ。
*4 フォワード『SFはどこまで実現するか』(講談社ブルーバックス)による。正直言って、よくわからない。
*5 もちろん、枯渇するまでに宇宙が終焉を迎える可能性もあるが。

FrontPage   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2007-03-28 (水) 23:59:38 (4464d)