宇宙クリケット大戦争

原題
LIFE, THE UNIVERSE AND EVERYTHING
著者
ダグラス・アダムス
翻訳者
安原和見
出版社
河出書房新社(河出文庫)

銀河ヒッチハイク・ガイド』シリーズ三作目

前作『宇宙の果てのレストラン』で二百万年前の地球に置き去りにされたアーサー・デントとフォード・プリーフェクトが、別れ別れになっていたトリリアンとゼイフォードに出会い、こともあろうに銀河系宇宙を救う話。

低調だと言われているが

シリーズの中ではいちばん低調だと言われているが、なかなかどうして、SF的テーマも満載である。

……等々。

ちなみに、輪廻転生するたびに殺される男は、『銀河ヒッチハイク・ガイド』にも登場している。 映画『銀河ヒッチハイク・ガイド』でも、一見意味不明のエピソードとして描かれている。 惑星マグラシアの上空で、2発の核ミサイルに狙われた宇宙船「黄金の心」号が無限不可能性ドライブを作動させたとき、核ミサイルはザトウクジラと鉢植えのペチュニアに変わった。 その鉢植えのペチュニアが落ちていきながら「まいったな、またか」と思ったのは、「またアーサー・デントのせいで死ぬのか」という意味だったのだ。

こういう気が滅入るような笑いがあちこちに散りばめられている。 気が滅入ると言えば、鬱状態のロボット、マーヴィンが今回も大活躍する。 銀河系を救ったのはアーサーでもフォードでもスラーティでもなく、マーヴィンとトリリアンだったのではないか?

さて、じつはこの作品を読んでいてワシが最も笑ったのは、157ページあたりのアーサーとフォードの口論である*3

「ぼくらは超新星爆発に巻き込まれた巻貝よりも絶望的だ」

(中略)

「頼むから巻貝にこだわるのはやめてくれよ」

……この部分のどこが面白いのか……それは、読んでみないと判らないだろうね。

『パパラギ』を思う

クリケットに関するジョーク*4や、パーティについてのギャグを読んでいるうちに、ふと『パパラギ』*5を思い出した。

まったくもって、文明というものは、その文明に属さない者にとっては、理解しがたく馬鹿馬鹿しいものだったりする。 銀河系文明は地球の西欧文明をさらに馬鹿馬鹿しくしたものとして描かれているので*6、まぁ、そこがこのシリーズを面白くさせている一つの要因なのだろう。

ハードSFの神髄である「センス・オブ・ワンダー」ではなく、「センス・オブ・何だコリャ」こそ、コメディSFに必要なものなのだ。

銀河ヒッチハイク・ガイド』シリーズ


*1 アシモフの「夜来る」と似て異なる設定だよね。
*2 もちろん、アーサー・デントである。
*3 新宿御苑のベンチで昼飯を食った後、読みながら思わず声を上げて笑ってしまった。周りに人が居なくて良かった。
*4 はっきり言って、イギリス人以外はよく判らないのではないか? ワシは判らなかった。
*5 南洋の酋長、という表現は良くないか、族長のツアイビが西欧文明に接したとき、そのあまりの不可解さに驚き呆れ、故郷の人たちにパパラギ、つまり奇妙な人々の暮らしぶりを語った話である。
*6 というか、設定として最もマヌケな銀河系文明の人々が過去の地球に追放されたのだから、地球で最も隆盛を誇っている文明が馬鹿馬鹿しいものなのかも?

FrontPage   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2008-05-13 (火) 21:19:49 (4113d)