宇宙の果てのレストラン

原題
THE RESTAURANT AT THE END OF THE UNIVERSE
著者
ダグラス・アダムス
翻訳者
安原和見
出版社
河出書房新社(河出文庫)

銀河ヒッチハイク・ガイド』の続編

田舎、いや失礼、地方都市に住んでいると、河出文庫の置いてある書店が少ないので、先日横浜に行ったときに、『銀河ヒッチハイク・ガイド』の続編を買ってきた(全五巻)。

まぁ、なんというか、ハチャハチャである。 『銀河ヒッチハイク・ガイド』で破壊された地球の最後の生き残りであるアーサー・デントたちの冒険……というか探索……というかしょうもない旅はまだまだ続く。 というか、レストランへ行こうとしただけで大騒ぎである。 まぁ、そのレストランというのが「宇宙の果て」にあるわけだが。

「宇宙の果て」について

ネタバレになっちゃうので、まだ読んでいなくて楽しみにしている人はここでブラウザの[戻る]ボタンを押すこと。

「宇宙の果て」というと、ふつうは「ここまで宇宙、ここから先は外」と考えそうなものだが、そういうモノは宇宙にはない。 宇宙の大きさは有限だが、果てはないのだ*1

となると、もちろん、「宇宙の果て」とは「宇宙の時間的な果て」を意味する。 そこで原題を見ると、ちゃんと「THE RESTAURANT AT THE END OF THE UNIVERSE」と書いてある。 失礼しました。

この作品では、宇宙の終わりを見ながら食事を楽しめるレストランが登場するのである。

ただし、「宇宙の時間的な果て」には「終わり」以外に「初まり」もある。 もちろん、ビッグバンだ。 ビッグバンを見ながら食事を楽しめるレストラン、というのも面白そうだが、描くのは難しいだろうなぁ。

「本日のディッシュにお会いになりますか?」

『宇宙の果てのレストラン』の中で好きな場面はいくつかあるのだが、いちばん笑えたのは「肉に会う」ところかな*2。 メインディッシュとなるウシのような動物が、自分の身体の各所の肉を勧めるのである(161ページ〜)。

「肩肉などいかがでしょう?」動物が勧めた。「白ワインのソースで煮込むのも悪くないかと存じますが」

「それはその、きみの肩肉のこと?」アーサーはぞっとしてかすれ声で言った。

「もちろんわたしの肩肉のことでございます」動物は満足そうにモーと鳴いた。「よそさまの肩肉をお勧めするわけにはまいりません」

「ひどすぎる」アーサーは叫んだ。「こんな胸くそ悪い話は聞いたこともない」

「地球人、なにを興奮しているんだ」ゼイフォードは、今度は動物の立派な尻を突つきはじめた。

「自分で自分を食べてくれって言ってる動物を食べるなんて、そんな血も涙もないことができるか」

「じゃあなにか、食べないでくれって言ってる動物を食べるほうがいいってのか」とゼイフォード。

いやはや、見事な価値観の逆転である。 「自分を食べてくれ」と言っている動物を食べるほうが「人道的」な気がしてくるから不思議だ。 もっとも、作物や家畜は個体が犠牲になることで、種としては安泰なのだから*3、すでに「自分を食べてくれ」と言っているのに近い状態かも知れない。 もちろん、個々の個体は「食べないでくれ」と言っているのかも知れないが。 いや、「自分を食べてくれ」と言わされているのか? 

だんだん訳がわからなくなって、どうでもいいような、どうにでもなれというような気になっちゃうのが、このシリーズの怖いところだと思うのだった。

銀河ヒッチハイク・ガイド』シリーズ


*1 よく使われるたとえを使えば、地球の表面積は有限だが、地球の表面に「端」がないのと同じである。
*2 もう一つ、ものすごくゾクゾク(?)したのは、アーサーたちが墜落した惑星のフィヨルドの氷河の中に、スラーティバートファーストのサインを見つけるところだ。
*3 もちろん、人類が絶滅するか、合成食糧を開発するまでの間だが。

FrontPage   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2008-05-13 (火) 21:19:21 (4114d)