ヴィンランド・サガ

著者
幸村誠
出版社
講談社(アフタヌーンKC)

ヴァイキングによるアメリカ大陸発見の物語

……かと思ったら、第1巻のエピソードとして出てくるだけで、2007年刊の第4巻時点では、イングランドに侵攻中。

プラネテス』の幸村誠が、またなんとも血なまぐさい話を描いている。 本人もなぜこんな話を描くことになったのか判らない、と第1巻のはしがきに書いていたが……。

教科書ではわずか1ページ半

ヴァイキング(デーン人・ノルド人・ノルマン人)の活動については、例えば山川出版社の『詳説世界史』ではわずか1ページ半の記述しかない*1。 それをよくもまぁ、長編マンガの題材にしたものだ。

しかも、歴史的な事実には忠実らしい。 例えば、第1巻に登場するレイフ・エイリクソンはアメリカ大陸に(ヨーロッパ人として初めて)到達し*2「ヴィンランド」と名付けた人物である。

本当の戦士とは

14巻で奴隷編完結。 ようやくこれからヴィンランドを目指すことになるのかな?

主人公であるトルフィン・トールズソンはデンマーク王クヌートに刃を向けた罪により奴隷の身分に落とされた。 農奴として働く中で本当の戦士とは何かを考えるトルフィン。

14巻では、トルフィンの働く農場を接収すべく侵攻してきたクヌートに対し、徒手空拳で停戦交渉に挑む。 死ぬほど殴られても抵抗せず、話し合いで解決しようとする。

まさしく非暴力不服従である。 争いを避け、平和裡に問題を解決する。

なぜ現実の世界では、このようにものごとが解決しないのだろう? 考えてみると、クヌートが聞く耳を持った知的な人間であったからだ。 非暴力不服従という手法は、知的な相手に対してしか通用しないのだろうか。

クヌートへの謁見を阻止すべくトルフィンの前に立ちはだかり、殴り倒そうとした従士が、最後にトルフィンを戦士と認めたのはなぜか。 トルフィンが強い人間だったから、というだけではあるまい。 自身の戦士としての誇りが、恥ずかしい真似をしたくない、と思わせたのだろう。 もちろんここでの戦士とは、職業軍人という意味ではない。

恥を知らない人間に対しても、非暴力不服従は通用しないのだろうか。

作者がそうあってほしいと望むように、この世界の人々が互いに敬意を持って暮らしていけることを願うよ。ホントに。


*1 したがって、詳しくはWikipedia のヴァイキングなどを参照のこと。
*2 もちろん、最初にアメリカ大陸に到達したのはヨーロッパ人ではなく、アリューシャン列島を経由してアジア大陸からやってきたモンゴロイド、つまりネイティブ・アメリカンである。

FrontPage   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2014-02-23 (日) 21:56:08 (1941d)