ロボットと帝国

著者
アイザック・アシモフ
翻訳者
小尾芙佐
出版社
早川書房(ハヤカワ文庫SF)

「ロボット」と「銀河帝国」をつなぐ物語

アシモフが1950年代に書いた「銀河帝国興亡史」(ファウンデーション)シリーズとロボットものを、1980年代になって一つの未来史としてまとめるにあたり、その「つなぎ」となるのが『ロボットと帝国』である。

ここでは、いかにして地球が放射能にまみれた「幻の惑星」になってしまったか、そしてロボットが「ロボット工学の三原則」を超えることができるか、が語られる。

文字通り、「語られる」のである。 まぁ、アシモフの小説は会話が多いこと。 二人ないし数人の人物(あるいはロボット)が、延々と議論を続けるのである。

ロボット同士なら、音声で会話するより無線でデータ交換したほうが早いだろうと思うのだが。

スリー・マイル・アイランド

地球を放射能まみれにするため、核反応増強装置が使われる。 近くに含まれる放射性物質を急速に崩壊させ、大気中の放射線密度を上げ、地球を居住不能にしようとする「宇宙人」(数百年前に近隣の太陽系に植民した地球人の末裔)が持ち込んだ装置である。 その装置をコントロールする基地が、「地球人が絶対に近寄らない場所」に置かれる。

そこが、1979年に史上初の原子炉のメルトダウンを起こした原子力発電所があった、スリーマイル島なのである。

フクシマ(福島第一原子力発電所)でもなく、チェルノブイリでもなく、スリーマイルなのだ。 『ロボットと帝国』は1985年の作品である。 アシモフが『ロボットと帝国』を書いたとき、1986年4月のチェルノブイリ原子力発電所事故は、「まだ」未来のできごとで、予見不可能だった。

309ページで地球政府のエネルギー庁次官が R(ロボット)・ダニールにこう話している。

「それはある〈事故〉の現場として絶えず登場してきて、地球人が核分裂をエネルギー源として使うことを永久に拒むようになったのはその〈事故〉のせいだというの。そこは、スリー・マイル・アイランドと呼ばれている」

……現実には、スリーマイルの事故の後でも、チェルノブイリの事故の後でも、地球人は核分裂エネルギーを使い続けた。 そして、フクシマの事態を招いた。

もしもアシモフが生きていて 3.11 を知ったとしたら、いったい何と言っただろうか。

ちなみにアシモフの描く未来の地球では、人類が宇宙に出た結果得たらしい、マイクロ核融合以外の核エネルギーは使っていない(マイクロ核融合の技術的詳細は不明)。 ではどんなエネルギーを使っているかというと、静止軌道上の太陽発電ステーションからのマイクロ波伝送が主で、これはアシモフのお気に入りである。 ただし、太陽発電だけではなく、地熱・風力・波力・潮力・流水(マイクロ水力?)も利用しているという(237ページ)。

……現実には、フクシマの事故の後、地球人は核分裂エネルギーの使用をやめることができるのだろうか?


FrontPage   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2011-09-14 (水) 22:34:58 (2840d)