リングワールドの玉座

著者
ラリー・ニーヴン
翻訳者
小隅黎
出版社
早川書房(ハヤカワ文庫SF)

ラリー・ニーヴンの「ノウンスペース(既知空域)シリーズ」を読み始めたのは大学生のときだから、もう20年にわたって読み続けてきたことになる。 最初に「ノウンスペース・シリーズ」について知ったのは、『SFマガジン』に連載していた、スタジオぬえの「スターシップ・ライブラリー」に描かれていた「ライイング・バスタード(嘘つき野郎)号」のイラストと解説記事を読んだときだ。 そのイラストがめちゃくちゃにカッコ良かったのである。

真ん中でくびれた紡錘状のゼネラル・プロダクツ製2号船殻。 生命維持機構とハイパードライブだけがその透明な船殻に収められ、武器を兼ねた推進機関やセンサーは外部の三角翼に装置されている。 ライイング・バスター号が目指したのは、G0(ゼロ)型の恒星をめぐる人工のリング。 その巨大な居住可能な世界を、誰が、何の目的で作ったのか……。 地球人とパペッティア人、クジン人の混成チームが調査に赴くが、軌道速度で接近したライイング・バスタード号は撃ち落され、リングワールドの表面にハードランディングする……。

なんじゃぁ、このSFは? ハードSFなのに、ガジェットやベムがてんこもりではないか! ……というわけで、買おうと思った『リングワールド』はハードカバーだったので、学生には買えなかった。 どうやらパペッティア人・クジン人などの異星人やクォンタムIIハイパードライブなどの予備知識が必要そうだったので、文庫本の『太陽系辺境空域』を買って読んだ。 いやぁ、何とも壮大なスペースオペラ的展開に、巻き込まれ型の主人公たちやトリッキーな難問解決策、マーフィーの法則(作中では「ペテン師の法則」)、そしてユニークな惑星環境や異星の生態圏がシニカルなユーモアをもって描かれ、とても面白かった。 作物学―植物生態学の卒業論文作成の合間に、次々と文庫本を買って読んだ。

ハードカバーの『リングワールド』を買って読んだのは社会人になってから。 それから続編の『リングワールドふたたび』まで、だいぶ間があったように思う。 そして『リングワールドの玉座』だが、またまたえらく間があいている。 読み終わった瞬間、これは次に続くなぁ、と思ったら『リングワールドの子供たち』が出るらしい。 ……三部作じゃないじゃん。

はっきり言って、最初に『中性子星』や『リングワールド』を読んだときほどの衝撃はなかった。 ニーヴンの描く世界に慣れてしまった(というか、馴染んでしまった?)のだろうか……。 それとも、20年の間に、現実が追いついてきてしまったのだろうか? 常温超伝導やナノテクノロジーなど「リングワールド・シリーズ」に描かれる超技術まで、あと一歩のところまで来ている(かも知れない)ものもあるし、コンピュータやロボットは追い抜いてしまいそうだ。 もちろん、ハイパードライブやテレポーテーション装置のように、現在では魔法に等しいものもあるが……。

一昨日観たNHKプレミアム10 「立花隆が探る サイボーグの衝撃」 の「衝撃」のほうが大きかったからかも知れない。 「リングワールド・シリーズ」には、生物学的に変容する「ヒト」は描かれているが、サイボーグは登場しないからなぁ。 おそらく、人類が恒星間宇宙に出て行くより前に、サイボーグ化という「節目」があるだろう。

参考

初出:科学的逍遙日誌


FrontPage   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2006-07-22 (土) 23:09:18 (4713d)