ムーン・ロスト

著者
星野之宣
出版社
講談社(講談社漫画文庫)

ハードSF宇宙マンガ

星野之宣のハードSFである。 ハードSFとは、科学的な理論や現象が中核に据えられていて、その理論や現象を抜きにすると物語の体裁をなさなくなるものを指す。 この場合の「科学的」とは、現実の、現在の科学だけでなく、空想的な科学、ひょっとすると将来現実のものとなるかもしれない科学、そして首尾一貫した大法螺でもかまわない。

ブレーン世界仮説

本作品の中核をなす理論は「ブレーン世界(ワールド)仮説」(星野之宣は「膜宇宙(ブレインワールド)論」と書いている)である。

スティーヴン・ホーキング著、佐藤勝彦訳『ホーキング、未来を語る』(アーティストハウス)によると、ブレーン世界仮説はひも(ストリング)理論を拡張したもので、われわれの住む宇宙は高次元空間の中の四次元の表面、つまり膜のようなものだ、と考える。 電磁力にくらべ重力が距離とともに急速に弱まるのは、このブレーンから別のブレーンへと重力が広がっていってしまうからだ、と説明される。

この宇宙の大部分は、電磁波では観測できないが重力によって存在が推測されている暗黒物質(ダークマター)でできている、と考えられている。 観測できないので、暗黒物質の正体は不明である。 ブレーン世界仮説では、暗黒物質の正体は近傍の別のブレーンからこのブレーンに到達した重力波だとする。 もちろん、仮説なので本当かどうかは判らない。

この魅力的な仮説を中核にして、どんな宇宙SFが展開されるのか、というと……。

以下、核心部分についても書いちゃうので注意

始まりは、人類絶滅の危機

全長51キロ、恐竜を絶滅させた小惑星の100倍の規模の小惑星が地球に落下する。 残された時間は48時間。

クラークの『神の鉄槌』に描かれたように、ゆっくり押しのけるには、接近しすぎている。 もちろん、『アルマゲドン』のように核爆発で割ることもできない。

そこで、ブレーン世界仮説を用い、月面の粒子加速器を使ってナノ・ブラックホールを作って、小惑星に打ち込むという対策を立てるのである。 ナノ・ブラックホールは小惑星の内部を食い荒らしながら飛び回り、小惑星をスカスカにする。 小さなブラックホールほど寿命が短く、短時間で蒸発して消え去る。 そこで小惑星の質量は小さくなり、軌道が変わって地球との衝突が避けられる、というわけだ。

マーフィーの法則

小惑星へのブラックホール撃ち込みは成功する。 しかし、この宇宙を支配するマーフィーの法則により、予想外の事態が起こる。

ブラックホールは予定通り消滅せず、月へと落下する。 そして、ブラックホールは月を食い尽くし、月の軌道には月の残骸だけが残るのだ……。

月の消滅に伴う災害

月の潮汐力が失われたため潮の満ち引きはもちろん、地球の自転のバランスも狂い、地軸が大きく傾く。 それでも何とか人類は文明を維持していて、新たな月を獲得しようと行動を起こす。

「ムーン・ロスト」で終わらないわけだが、月の消滅に伴う災害は、人類が文明を維持できる程度のものなのだろうか?

地軸が大きく傾くものかどうか、それはわからない。 仮に地軸が傾いて、気候帯が変わってしまった場合、現在と同じ規模での食糧生産は、不可能だろう。 陸上の食糧生産だけでなく、漁獲も大きな影響を免れない。 回遊パターンは変わってしまうだろうし、潮の干満がなければ繁殖できない海の生物がたくさん居るはずだからだ。

さて、北アメリカが北極となり、そのまま固定されることを恐れた合衆国が、その後「エウロパ計画」を妨害しようとする。 アメリカ合衆国の暫定首都は温暖化したアラスカ州のアンカレッジだが、温暖化すると永久凍土が融けて、どこもかしこも泥んこになりそうだなぁ。

アメリカ合衆国の妨害工作その他については、ここでは言及しない。 アメリカ合衆国の秘密基地へ「土足で踏み込む」ジュディット・クローデルらエウロパ計画のクルーが「宇宙海賊」のようでカッコイイのだが、それはまたそれとして。

木星第二衛星エウロパ

失われた月の代わりに、木星の第二衛星エウロパを地球軌道まで持ってこよう、という「エウロパ計画」。 そこにもブレーン世界仮説が使われる。 第一衛星イオをブラックホールに食わせて崩壊させ、その重力場で空間をゆがめて、エウロパを木星を廻る軌道から「転げ落とす」ことにより、地球近傍まで持って行こうというのだ。

その作戦のさなか、エウロパで生命が発見される。 エウロパに着陸した宇宙船のクルーが遭難し、生き残りがエウロパの海中の生命に遭遇する、というエピソードは、もちろんクラークの『2010年宇宙の旅2』のオマージュだ。

エウロパの海にあふれる生命を発見したクルーが、「月の喪失」に伴って失われた人々の命を思って慟哭するシーンは感動的である。

イスラム教と月

イスラム諸国は月を取り戻すため、エウロパ計画への支援を表明する。 エウロパ計画のイラク人クルーもまた、月を取り戻す計画遂行のため命をかける。

たしかに、イスラム教では月、ことに新月をシンボルとして使う。 国旗や「赤新月社」のマークは三日月形である。

なぜイスラム教にとって月が重要なのか、調べてみた(知り合いにイスラム教徒がいたら直接聞いてみたいところだが、いないので)。

イスラム教徒にとって重要な修行である断食(ラマダン)の開始日は、新月の目視によって決められるそうだ。 またイスラム暦は純粋な太陰暦、つまり月の満ち欠けを基準として定められている。 月が失われたとしたら、ひどく落ち着かないだろうことは、想像できる*1

科学者と宗教

大災害(ディザスター)もののSFによく描かれる、科学と宗教の対立は、この作品では描かれない。 前述のように、月の奪還に挑むイスラム教徒が描かれる程度である。

いっぽう、天才的な科学者フロスト博士が、死を目前にして宗教的なことを口にする。

私はねジュディット……
死ねばその宇宙へ――高次宇宙の住人と会えるような気がするんだ

私は精一杯やりとげた“宿題”をその人に提出するんだ
生徒が教師に向かうようにね

……すると私には新しい宿題が与えられる

真っ白な宿題をかかえて私はまた別の宇宙へ生まれるんだ

つまりそういうことだと思うんだよジュディット……

宗教とはファンタジーであり、こうであって欲しいという願望なのだろう。 このように生きたい、死んだ後はこうであって欲しい、と思うのは自由だ。 フロスト博士も、自身の理論に基づく「科学的でない」願望を胸に死に赴く。

この宇宙を去るときに、平穏な気持ちで去れるように助けてくれる宗教は大歓迎である。 しかし、ヘタに科学的であるかのように装った、生臭い宗教はごめんだぞ。


*1 もちろん、満ち欠けを繰り返す月を、死と再生のシンボルととらえるアミニズムに由来する思想の影響もあるだろう。これは、イスラム教に限らないが。

FrontPage   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2009-07-29 (水) 16:47:45 (3610d)